高津区版 掲載号:2021年11月26日号 エリアトップへ

nokutica(下作延)で個展「氷と後光」を開いた 田原 田鶴子さん 宮前区在住 65歳

掲載号:2021年11月26日号

  • LINE
  • hatena

故郷の景色 絵筆に乗せ

 ○…宮沢賢治童話の世界を油彩画で表現する画家。賢治の言葉の美しさに惹かれ、数多くの作品を描いてきた。大手出版社の発行する童話絵本の表紙を担当し、日本各地で個展を開く。絵に情熱を込め、これまで描いた作品は170点以上。「描いたり作ったり、何かを形にすることがとても好き。表現の世界はとても楽しい」と絵画への思いを笑顔で語る。

 ○…賢治と同じ岩手県出身。小学生の時、担任に絵を褒められた経験から、絵画にのめり込む。大学では教育学部の美術科へ。教員を志す同期が多い中、「絵を描きたい」と東京でイラストレーターに。結婚後、宮前区に移り住んでからはより一層、賢治の世界を表現すべく油彩画に向き合った。二子新地にも住んでいたことがあり、「前よりお店が増えて、とても魅力的」と話す。

 ○…休日の楽しみはガーデニング。バラやサルスベリをベランダで育てながら、景色を共に眺める時間を楽しむ。画家の活動を支えるのは、出版社の職場で出会った夫。28歳で入籍して以来、物腰柔らかく創作活動をサポートし続ける。「夫の支えがあってこそ。とてもありがたい存在」と感謝を込める。

 ○…「ふるさとの原風景を透明感ある形で表現できれば」。青春時代を過ごした故郷・岩手の記憶と賢治の表現を重ね合わせ、どこか懐かしい自然と景色を多く描く。「迷ったら行動すること」を大切に日々の生活に励む。数年前にはヨガスタジオに通う友人とチャリティーグループを結成。手作り小物を販売し、売上を災害被災地に寄付する活動を続けている。目指すのはコツコツ長く絵を描き続けることだ。「健康第一に創作活動を続けていければ」。賢治に魅せられた思いは未だ燃え続けている。

高津区版の人物風土記最新6

杉浦 修弥(おさみ)さん

区内にある「川崎市民プラザ」の館長を務める

杉浦 修弥(おさみ)さん

新作在勤 52歳

1月21日号

神園 佳昌さん

川崎青年会議所(JC)の第72代理事長に就任した

神園 佳昌さん

幸区在住 35歳

1月14日号

中村 昌子さん

江川せせらぎ遊歩道沿いの掲示板に手づくりの絵手紙を展示している

中村 昌子さん

子母口在住 86歳

12月24日号

尹駿皓さん(インジュンハウ)

高津区で初めての外国人神主となるため研鑽の日々を送る

尹駿皓さん(インジュンハウ)

新作在住 33歳

12月17日号

齋藤 優樹さん

久地の「北海道美唄コンテナショップ」の専任スタッフを務める

齋藤 優樹さん

北海道美唄市在住 33歳

12月10日号

伊東 理子さん

監督、顧問として男子駅伝部を初の全国大会に導いた

伊東 理子さん

西高津中学校勤務 31歳

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook