神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
高津区版 公開:2022年5月20日 エリアトップへ

高津区を中心に乳幼児の親子が集える「木育おもちゃの広場」を開催する 君 ひとみさん 新作在住 52歳

公開:2022年5月20日

  • X
  • LINE
  • hatena

子育てママにエールを

 ○…両手に抱えるほど大きなバッグから取り出すのは、温もり溢れる木のおもちゃ。「触れると自分が欲しくなって、つい集めちゃう」と目を細める。子育てサークル「バンブーキッズ」の代表を務め乳幼児の親子向けの企画を開催。「木育おもちゃの広場」を掲げその魅力を伝えながら、作りたいのは子育て中のママが息抜きできる場だ。「みんなすごく頑張ってる。正しいとかじゃなく『いいんだよ』という気持ちを伝えたい」

 ○…埼玉県出身。大学卒業後は旅行関連会社や土木のコンサル会社に勤め、長男の出産を機に退職。0歳の赤ちゃんとの初めての日々に「すごく悩んだ」。なぜ泣いているのか、どうすればいいのか。訪問に来た保健師の些細な言葉にも崩れてしまうほど疲弊していた。「思うようにいかなくて、36年生きてきてこれか、と打ちのめされた」。育ちに関する知識が足りなかった、と今ならわかる。一言声をかけてくれる人がいれば―。その思いが原点だ。

 ○…保育士として勤めながら、東京おもちや美術館の「おもちゃコンサルタントマスター」として遊びの重要性を広める。広場だけでなく母乳ケアやベビーサイン体験会、絵本とおもちゃのサロンなど活動は多岐にわたる。コロナ下で会場が取れず、自宅で再開してから「場」の大切さをより実感した。「人に会いたいママがたくさんいる。勇気を振り絞って来てくれる人を応援したい」と思いを語る。

 ○…高校3年になった長男と小5の長女、夫にも「感謝」と笑顔を見せる。「家族の理解があって続けられる」とにっこり。夢は川崎におもちゃ美術館と、遊びと相談を併せ持つ支援施設を作ること。「ママたちの心の支援もしていきたい」と前を見つめる。

高津区版の人物風土記最新6

今 哲昭さん

食物アレルギー発症予防のため、簡単に少量摂取できる離乳食の製品化・普及に取り組む

今 哲昭さん

坂戸在勤 70歳

6月14日

森 勝利さん

川崎野球協会の会長を務める

森 勝利さん

幸区在住 80歳

6月7日

戸張 美音さん

国内最高峰の競技大会「日本女子アマチュアゴルフ選手権」に臨む

戸張 美音さん

北見方在住 14歳

5月31日

脇本 靖子さん

溝口にある川崎市男女共同参画センター「すくらむ21」の館長に就任した

脇本 靖子さん

多摩区在住 44歳

5月24日

山田 洋志さん

データ分析で教育情報を透明化するITベンチャー「ガッコム」社長

山田 洋志さん

高津区在住 43歳

5月17日

高橋 宏和さん

川崎郷土・市民劇『百年への贈り物ー川崎市誕生ものがたりー』で主役を演じる

高橋 宏和さん

川崎市在住 52歳

5月10日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook