神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
高津区版 公開:2023年6月9日 エリアトップへ

スキューバダイビングの経験を活かして海の環境問題に取り組む 鴫谷 隆(しぎや たかし)さん 二子新地在住 48歳

公開:2023年6月9日

  • X
  • LINE
  • hatena

海に感謝、だから恩返し

 ○...ダイビング歴は約30年。「水に包まれている感覚が好き」と海への思いを語る。ダイビングの雑誌に始まり、様々な海の仕事に携わってきたが悩ませるのは、進行する環境汚染。自身で潜っても「水中の写真を見るとゴミが多くなった」と感じ「汚染が加速している」と現状を危惧。近年は、区内の脱炭素のイベントに参加し、環境や海の問題に尽力している。海には様々なゴミが落ちているが、拾ってみると様々な色がある。「綺麗でしょ」と笑顔で話す。

 ○...埼玉県越谷出身。海との出会いは、夏に訪れる祖母の家。昔から「人と違うことをしたい」と周りが車の免許を取得する中、選んだのが「スキューバダイビング」。ダイビングショップでも働き、出会いに恵まれ「大切な場所」と当時を振り返る。その後、ダイビング関連の出版社へ進み、世界中の海を潜った。「インドネシアのラジャアンパットは感動した」とニッコリ。「奇跡の海」と呼ばれ、環境保全の為にお湯も使えない場所と知る。

 ○...出版社を退社後、ダイビング関わることを生業に。その当時、業界では海の象徴であるサンゴ礁を守っていくことが国際的に定められるなど、世界中で環境保全への動きが強くなり「自分にも出来ることはないか」と問い、活動の視野を広げだした。

 ○...夢は「自分の原点」であるダイビングショップを持つこと。マリンスポーツも人気が下降、また市内は海への関心が少ないと感じる。これまでの経験を活かし、市と協力して東扇島で海の調査、そして学校で海の状態を説明したり、高校生らと海のゴミを拾っている。「まずは海へ興味を持ってほしい」そして「海を守っていきたい」と活動への思いを話してくれた。

高津区版の人物風土記最新6

脇本 靖子さん

溝口にある川崎市男女共同参画センター「すくらむ21」の館長に就任した

脇本 靖子さん

多摩区在住 44歳

5月24日

山田 洋志さん

データ分析で教育情報を透明化するITベンチャー「ガッコム」社長

山田 洋志さん

高津区在住 43歳

5月17日

高橋 宏和さん

川崎郷土・市民劇『百年への贈り物ー川崎市誕生ものがたりー』で主役を演じる

高橋 宏和さん

川崎市在住 52歳

5月10日

田邊 弘子さん

高津区健康づくりのつどいを主催する「元気な高津をつくる会」会長を務める

田邊 弘子さん

北見方在住 67歳

5月3日

中山 寛隆さん

川崎市制100周年記念で演奏する合唱団に携わる、川崎市合唱連盟の事務局長

中山 寛隆さん

高津区在住 36歳

4月26日

遠藤 勝太郎さん

町会ぐるみで地域の活性化に尽力する

遠藤 勝太郎さん

子母口在住 78歳

4月19日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook