神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2021年2月5日 エリアトップへ

中原区内 道路調査にAI試用 市、NECの技術を活用

社会

公開:2021年2月5日

  • X
  • LINE
  • hatena
異常検知時のイメージ=同社提供
異常検知時のイメージ=同社提供

 川崎市は今月1日から、道路の劣化診断にAIを導入する実証実験を中原区で始めた。現状は目視での見回りに留まるため、正確性と効率性を上げるために日本電気株式会社(NEC)と市で連携し取り組む。期間は3月末までで、有効性が認められた場合は今後、導入を検討する。

 同社が開発したシステムは、見回り時に車に設置したドライブレコーダーが取得した映像データをAIが自動で解析し、路面上のひび割れや凹凸を推定するもの。異常が発見された場所は地図上で表示され、取得した映像データとともに場所と状況を確認できる。市建設緑政局の担当者は「道路上の異常は、自転車の転倒の原因になるなど事故につながる可能性がある。目視の場合、見逃してしまうこともあるのでより正確な把握に期待している」と話す。

 現状は区道路公園センターの職員が週4日ほど1日平均40から50キロメートルを巡回。外部に委託している道路状況のデータ解析とあわせて道路の維持に努めている。

 NECの広報担当者は「道路は老朽化対策のため、適切なメンテナンスが欠かせない。機器を取り付けて走行するだけで路面状況を調査できるので、道路上の異常の効率的な確認や修繕計画の立案に生かしてもらえたら」と話す。

オンライン通報で早期発見目指す

 市は昨年末から、道路上の異常を発見した場合に市ウェブサイトから通報できる取り組みも行っている。公園や河川での器物の損傷も含む。実証実験で市民から寄せられた意見を踏まえ、写真の添付も可能。市の担当者は「電話のみの受付だった2018年度は市内で約2万7千件もの通報があった。オンラインを活用し、効率的なインフラの管理に努めていきたい」と話す。

車に設置したドライブレコーダー
車に設置したドライブレコーダー

中原区版のトップニュース最新6

学校教員、131人不足

川崎市

学校教員、131人不足

非常勤講師などで対応

6月21日

客と連携 店舗で人命救助

はなまるクリニック

客と連携 店舗で人命救助

時間外に要請 医師ら急行

6月21日

電子書籍 導入は16自治体

電子書籍 導入は16自治体

本紙調査 蔵書数、利用数に課題も

6月14日

運転手不足で144便減

市バス

運転手不足で144便減

鷲ヶ峰営業所管内 10日から

6月14日

向河原交番、来春に廃止

中原警察署管轄

向河原交番、来春に廃止

県の方針、中丸子に統合

6月7日

公園禁煙化、「望む」が54%

川崎市

公園禁煙化、「望む」が54%

6カ所でアンケート

6月7日

使用済み「ろうそく」を回収しています

南部斎苑、北部斎苑に、ろうそく回収ボックスを設置しています

https://www.kawasoukyo.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月21日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook