中原区版 掲載号:2021年12月10日号 エリアトップへ

区内ベンチャーEssen 広告効果、AIが測定 車両活用し事業開始

教育

掲載号:2021年12月10日号

  • LINE
  • hatena
仕組みを説明する橘代表
仕組みを説明する橘代表

 区内のITベンチャー企業、(株)Essen(エッセン)(橘健吾代表)が自動車に貼った広告の効果をAI(人工知能)で可視化する事業をスタート。「かわさき起業家オーディション」で、かわさき起業家賞など5つの賞を受賞し注目を集める。

 同事業は、車両の後方ガラスに広告シールを貼り付け、人や車の流れ、道路の構造などから広告の閲覧確率をAIで算出。広告主は費用対効果が評価でき、運転者には走行で生じた広告の閲覧回数に応じて報酬が支払われ、双方にメリットがある仕組みだ。

 運転者の持つスマホの専用アプリで「走行情報」を取得し、広告が閲覧された場所と回数を可視化。これまでバスや屋外広告はどれだけ閲覧されているか不明だったが、AIによって統計的にまとめることができる。橘代表(26)は東京大学の博士課程で天文学を専攻。「人工衛星のデータを使った研究のスキルを生かした」と話す。9月に開催された「第128回かわさき起業家オーディション」ではビジネスアイデアの実現、成長が見込めるプランとしてかわさき起業家賞などを受賞して期待される。

かわさきFMが協力 

 同事業に協力した初の企業となったのが、かわさきFM。来年2月まで、川崎ブレイブサンダースのラジオ中継をPRする。12月4日時点で10台の車両が市内を走行している。

中原区版のトップニュース最新6

シェアサイクル本格運用

川崎市

シェアサイクル本格運用 社会

きょうから、利便性向上へ

7月1日号

公開空地 にぎわい演出

武蔵小杉駅前

公開空地 にぎわい演出 社会

子育て7団体が「SDGs」

7月1日号

夜間に初の排水訓練

上丸子山王町

夜間に初の排水訓練 社会

市、特殊マンホールで

6月24日号

初年度の申請率53.9%

町会応援補助金

初年度の申請率53.9% 社会

市、事例示し利用促進へ

6月24日号

「NO WAR」生徒ら訴え

川崎市平和館

「NO WAR」生徒ら訴え 社会

あす18日から企画展

6月17日号

新改札口、NEC隣に

横須賀線武蔵小杉駅

新改札口、NEC隣に 社会

JR北口からのルート短縮

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook