神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2023年4月14日 エリアトップへ

中原区初のオーケストラ 演奏会へ、20人が初練習

文化

公開:2023年4月14日

  • X
  • LINE
  • hatena
音合わせなどを行った初練習
音合わせなどを行った初練習

 中原区で初となる市民オーケストラが今月発足した。8日にはかわさきゆめホールで初練習を行い約20人が参加。来年3月に予定している初の演奏会へ向け、曲目ごとの表現方法を確かめあった。

 中原区の音楽交流を深め地域貢献につなげることを目的に発足した「中原フィルハーモニック・オーケストラ」。小杉町在住でフルート奏者の喜納悦子さんが中心となり、演奏会へ準備を進めている。市民オーケストラは川崎市内でも4団体が活動し県内や都内にもあるが、楽器によっては定員に達しており募集していないのが現状。演奏を諦めている人や始めたいと思っている人に機会の場を作ることも立ち上げた理由の一つだ。

 初練習には、高校生から70代まで幅広い年齢層で、オーケストラ初心者から経験豊富な奏者までが集った。この日は、演奏会で披露する予定のモーツアルトの歌劇「フィガロの結婚」序曲、バレエ音楽「レ・プティ・リアン」、メンデルスゾーンの交響曲第3番「スコットランド」など、テンポやハーモニーを意識しながら音合わせした。

 指揮者を務める中城良さん(28)さんは「中原区初のオーケストラの土台の音を作るのは皆さん。立ち上げから参加できるのはめったにない機会だと思う。その醍醐(だいご)味を味わいながら演奏を楽しんでほしい」と呼び掛けた。

 参加者からは「アットホームな印象で雰囲気も良かった」「オーケストラ初体験で上手くいかないところも多かったが、弦楽器の音に感動しました」などといった声が聞かれた。

 同楽団は今後、メンバーを募集しながら約40人規模のオーケストラを目指しつつ、月2・3回の練習を積み重ね本番に備える。

 喜納さんは「第一歩を踏み出せてほっとしている。予想を上回る人数が集まった。クラシック音楽はまだ敷居が高いと感じる人も多いが、地域の方々に親しみを持ってもらえる音楽を演奏していきたい」と話した。

中原区版のトップニュース最新6

アート体験 視覚障害者に

岡本太郎美術館

アート体験 視覚障害者に

CF初挑戦、支援呼び掛け

4月15日

救急隊、日中に増設

中原消防署

救急隊、日中に増設

到着時間の短縮めざす

4月12日

5年ぶり重要郷土資料に

江戸時代後期「富士信仰」

5年ぶり重要郷土資料に

市ノ坪の民家で所蔵

4月12日

「産地復活へ」13本植樹

中原桃の会

「産地復活へ」13本植樹

等々力緑地前でPR

4月5日

市民の「誇り」向上

川崎市イメージ調査

市民の「誇り」向上

「来訪推奨度」は過去最高

4月5日

ブルーインパルスが飛行

川崎市制100周年

ブルーインパルスが飛行

6月29日、等々力緑地上空に

3月29日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook