神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2024年2月9日 エリアトップへ

湯河原〜元住吉 「100Kmウォーク」始動 ブレーメン・青年部が発案

社会

公開:2024年2月9日

  • X
  • LINE
  • hatena
練習に集まる青年部メンバーらと、小林部長(下)
練習に集まる青年部メンバーらと、小林部長(下)

 湯河原町から元住吉までの100Kmの距離を一晩かけて歩くイベントが、3月9日(土)、10日(日)に初めて開催される。企画したのはモトスミ・ブレーメン通り商店街の青年部。ウォーキングの魅力を伝え、人との交流を深め、街や地域の活気につなげたい考えだ。

 県最西端に位置し梅が見頃を迎えている湯河原を出発し、小田原や平塚、戸塚などを通り、元住吉がゴールとなる100Kmの道のり。9日午前から翌10日昼頃まで、24時間以上歩き続ける計画だ。参加するのは、青年部や商店街のメンバー、活動に協力する大学生、湯河原町と県商連の関係者ら約60人。専門のインストラクターも同行し、飲食の補給スポットも設置するなど、タイムを競うのではなく、あくまでも「完歩」が目的だ。

友好提携を機に

 きっかけは昨年5月に、ブレーメン通り商店街が湯河原駅前通り明店街と友好提携を結んだこと。互いにとって有益な企画を検討する中で、浮上したのが今回のアイデア。青年部長の小林規一郎さん(48)は「徒歩で商店街に足を運んでいただくという親和性もあるし、健康にもつながる。商店街が面白いことをやっていれば街の賑わいも増すし、交流が深まれば防犯面や災害時にも役立つ」と趣旨について話す。

足湯で交流の輪を

 その目的の一つとして予定しているのが、湯河原の天然温泉をいかした足湯。参加者がゴールする時間に合わせ、ブレーメン通り商店街内に足湯コーナーを設置し、買物客らも利用できるようにと準備を進めている。小林さんは「楽しんでもらうことで、輪を広げられたら」と思いを込める。

 こうした100キロウォークは北九州市や東京都などでも行われており、親しみやすさや地域性なども注目のポイントになっているという。「歩く人、それを支える人など、各地で関わる人を増やし、県全体でのイベントにしたい」と意気込みを見せる。

 その足掛かりとするために、今回は一般参加は募らず、運営面や安全面などを検証することもテーマに掲げる。「道路状況や必要な支援など、実際に取り組むことで見えてくる課題があると思う」と、来年以降の本格実施を視野に入れる。

 イベントに向け、毎週ウォーキングの練習を重ねているメンバーら。「この練習にしてもつながりが生まれている」。商店街を次代へつなぐためにも挑戦を続ける。

中原区版のトップニュース最新6

パラアート、 社会と接点を

小杉駅前駐輪場

パラアート、 社会と接点を

区内画家ら20作品

3月1日

魅力詰め込み「飛躍(ひやく)祭」

川崎市制100周年

魅力詰め込み「飛躍(ひやく)祭」

SHISHAMO、sumikaがフェス

3月1日

防災関係に力点

市予算案中原区関連

防災関係に力点

子育て関連にも予算配分

2月23日

「木月トンネル」3月に開通

関東労災病院横

「木月トンネル」3月に開通

車道先行、歩道は今秋めど

2月23日

川崎でもライドシェア

神奈川県タクシー協会

川崎でもライドシェア

方針決定、4月から開始

2月16日

教育・脱炭素に重点

川崎市予算案

教育・脱炭素に重点

市長「100年、その先予算」

2月16日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月1日0:00更新

  • 2月23日0:00更新

  • 2月16日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年3月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook