神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2024年6月7日 エリアトップへ

中原警察署管轄 向河原交番、来春に廃止 県の方針、中丸子に統合

社会

公開:2024年6月7日

  • X
  • LINE
  • hatena
廃止される向河原交番(上)と、統合先の中丸子交番(下)
廃止される向河原交番(上)と、統合先の中丸子交番(下)

 神奈川県警はこのほど向河原交番が2025年3月に廃止され、中丸子交番に統合されると公表した。区内の交番が統廃合されるのは初。推進する「交番等基本計画」に基づき、警官の再配置で複数勤務体制を確立し、事件・事故への対応力を向上したい考え。

 県警は19年に基本方針を示しており、交番の老朽化、DVや特殊詐欺等への対策など警察業務の多様化による複数勤務体制の必要性を背景に、県内の470カ所以上ある交番を統廃合し、10年間で400カ所程度に整備するとしている。

 区内で計画に該当する向河原交番。築50年以上で老朽化が進み、駐車場がない点など、持続可能な交番運営のためパトカーの増車で地域の治安対策を進めて行く基本計画に沿わない。また、狭い敷地は建て替えによって設備強化ができないという問題もあるという。

 一方、統合先の中丸子交番は駐車場があり、築16年と比較的新しく、南武沿線道路沿いに建つ点など、状況に応じ迅速に対応できる利点もある。

車両型交番、導入も

 今回の統廃合で勤務員の削減は行わず、向河原交番勤務の警官は中丸子交番に配置される。これで中丸子交番は複数の警官による勤務体制が確立され、広域となる管轄エリアをカバーし交番機能の強化を図るという。

 また、交番とパトカーの両面を備えた車両型交番「アクティブ交番」の導入も視野に入れる。市内では川崎区や幸区、多摩区で交番の統廃合に合わせてすでに運用中。中原署の担当者は「向河原交番が管轄している地区をはじめ、近隣地域の住民に安心してもらえるよう機動力を生かして地域の安全を守っていきたい」と話している。

中原区版のトップニュース最新6

学校教員、131人不足

川崎市

学校教員、131人不足

非常勤講師などで対応

6月21日

客と連携 店舗で人命救助

はなまるクリニック

客と連携 店舗で人命救助

時間外に要請 医師ら急行

6月21日

電子書籍 導入は16自治体

電子書籍 導入は16自治体

本紙調査 蔵書数、利用数に課題も

6月14日

運転手不足で144便減

市バス

運転手不足で144便減

鷲ヶ峰営業所管内 10日から

6月14日

向河原交番、来春に廃止

中原警察署管轄

向河原交番、来春に廃止

県の方針、中丸子に統合

6月7日

公園禁煙化、「望む」が54%

川崎市

公園禁煙化、「望む」が54%

6カ所でアンケート

6月7日

使用済み「ろうそく」を回収しています

南部斎苑、北部斎苑に、ろうそく回収ボックスを設置しています

https://www.kawasoukyo.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月21日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook