ホーム > 海老名版 > ローカルニュース > 新年の抱負、新たに

海老名

新年の抱負、新たに

商工関係者が賀詞交換会
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
【写真右】・あいさつに立つ井上会頭(海老名)【同左】・斉藤会長らが鏡開きを行った(綾瀬)
【写真右】・あいさつに立つ井上会頭(海老名)【同左】・斉藤会長らが鏡開きを行った(綾瀬)

 海老名商工会議所(井上高保会頭)と綾瀬市商工会(斉藤敬訓会長)がそれぞれ主催し7日、新年恒例の賀詞交換会を開いた。

 海老名ではザ・ウイングス海老名を会場に262人が出席。あいさつに立った井上会頭は「依然、厳しい経済状況下にあり、会議所の運営も厳しいことに変わりはないが、プラス思考で進めていく」とし現在、横ばいの状況だという会員数の増強を進め、「海老名を盛り上げていきたい」と話した。

 一方、綾瀬では約150人が参加。斉藤会長は「中小企業にとっては大変厳しい一年だった」と昨年を振り返り、設立50周年の節目となる今年一年の抱負を「信頼され、愛され、必要とされる商工会づくりを目指す」と語った。
 

関連記事

powered by weblio


海老名版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大ホールの裏側を探検

文化会館

大ホールの裏側を探検

参加者を募集中

7月20日~7月20日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原