ホーム > 海老名版 > ローカルニュース > 災ボラコーディネーターを養成

海老名

災ボラコーディネーターを養成

海老名で講座、参加者を募集
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
以前の講座のようす
以前の講座のようす

 海老名災害ボランティアネットワーク(橋本賢司代表)が災害ボランティアコーディネーターを養成する講座を1月29日、2月5日の2日間の日程で開く。

 「災害ボランティアコーディネーター」は、災害発生時に全国から参集するボランティアの調整、運営を担う。個々の適正を把握し、被災箇所に派遣することが求められる。

 同ネットワークではこの養成講座を10年前からスタート。これまでに延べ100人ほどが講座を修了しているという。

 今回の講座は、シュミレーション訓練などを通じてその役割や必要な知識を習得することを目指すもので、1日目となる29日には海老名市総合福祉会館で、コーディネーターとしての基礎知識などを学ぶ。2日目となる5日には海老名中央公園で有事の際、ボランティアの受付箇所となるセンターの開設、運営をシュミレートする。

 参加は同市内在住者が対象で定員は50人。参加費は無料。同組織ホームページ(http://ebina-saibora.net)内から応募用紙で申込む。問合せは同ネットワーク・橋本代表【携帯電話】090(3229)8069まで。
 

関連記事

powered by weblio


海老名版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大ホールの裏側を探検

文化会館

大ホールの裏側を探検

参加者を募集中

7月20日~7月20日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原