ホーム > 海老名版 > ローカルニュース > 神崎遺跡の写真展

海老名

神崎遺跡の写真展

綾瀬市役所
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加

 市内初の国史跡に指定される見込みの「神崎遺跡」(綾瀬市吉岡)の平成元年当時の発掘調査の様子を写真で紹介する企画展が、あさって23日(日)まで同市役所1階で開かれている。

 同遺跡は市史編集事業の一環として平成元年に発掘調査が行われ、幅・深さともに2mほどの環濠(かんごう)集落がほぼ完全な形で発見された。環濠集落全体が、そのまま残っているケースは全国的にみても稀だという。

 出土した土器の95%以上が東海地方特有の様式を示したことから、弥生期に東海地方から200Kmの集団移動があったことを示す貴重な遺跡としても注目度が高い。今年度中に国指定史跡として受理される見込みで今後、市では保存のための整備を検討していく方針だという。

 会場を訪れていた50代の男性は「子どもたちの役に立つ場所になってくれれば」と話していた。
 

関連記事

powered by weblio


海老名版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大ホールの裏側を探検

文化会館

大ホールの裏側を探検

参加者を募集中

7月20日~7月20日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原