海老名版 掲載号:2012年3月16日号
  • googleplus
  • LINE

「繋がり感じ心強い」 岩手大生が海老名に

熱心に質問する畠さん(中央)冨手さん(右)
熱心に質問する畠さん(中央)冨手さん(右)

 岩手大学の学生2人がこのほど、中新田の海老名カイロプラクティックセンターを訪れた。

 訪れたのは同大学教育学部社会学研究室に所属する畠正機さん(3年)と冨手愛美さん(2年)。同研究室では、東日本大震災で特に被害の大きかった岩手県大槌町と山田町の仮設住宅に足を運び、アンケート調査などを行い現地の実情を調べてきた。

 その中で神奈川県のボランティアが大槌町で活動していたことから、神奈川のNPOや個人に直接話を聞くことを目的に、3日間の日程で訪れた。冨手さんは「皆さんが応援してくれてうれしかった。離れていても繋がりを感じ心強いです」と話していた。
 

海老名版のローカルニュース最新6件

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

児童のポスター、”和凧”に

児童のポスター、”和凧”に

2月中、三川公園に展示

1月29日~2月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク