海老名版 掲載号:2012年6月29日号
  • googleplus
  • LINE

海老名リトルシニア 4年ぶりの全国切符 5度目の出場で「初優勝目指す」

スポーツ

初回に先制のホームを踏んだ瀧沢選手
初回に先制のホームを踏んだ瀧沢選手

 海老名リトルシニア(飯塚良二監督)が24日、日本選手権大会の関東予選(トーマスカップ)でベスト16入りを決め、全国大会への切符を手にした。全国大会へ進むのは4年ぶり、5回目。

 208チームが出場する今大会で同チームは3回戦から出場し、1、2回戦を10点差以上のコールドで勝利してきた浜松に、4対0で快勝した。

 全国行きをかけた4回戦では、江戸川南と対戦。1回表に1アウトから死球で出塁した瀧沢響選手が盗塁で2塁に進み、3番バッターの石川和樹選手がレフト前へヒットを放ち1点を先制した。

 2回以降は何度も塁を埋められる苦しい場面もあったが、継投と堅い守備で切り抜け、1対0のまま最終回を迎えた。1アウト3塁と1打同点のピンチを迎えるも後続を内野フライと3振にしとめ逃げ切り4年ぶりの全国切符を手にした。

 4年前は全国ベスト8まで駒を進めている。当時のメンバーであった鈴木貴弘選手は昨年、日大三高の正捕手として夏の甲子園を制し、現在は立教大学へ進学。バッテリーを組んでいた上村健人選手は宮城の強豪・東北高校のエースとして春の甲子園に出場。現在は東北福祉大学で仙台六大学リーグのベストナインや優秀新人賞を獲得するなど活躍を続けている。

 飯塚監督は「4年ぶりの全国大会を海老名シニア全員のパワーをもらい、優勝を目指していきたい」と話し、江成泰生主将は「チーム一丸となって悔いの残らないように全力でプレーしたいです」と全国大会への意気込みを語った。

 全国大会は8月1日(水)から8月6日(月)まで行われ、各地の予選を勝ち抜いてきた64チームが出場する。
 

海老名版のトップニュース最新6件

世界で活躍する野球審判員

今里在住清水さん

世界で活躍する野球審判員

2月16日号

「アーチ」生まれ変わる

国分寺台中央商店街

「アーチ」生まれ変わる

2月16日号

市内から2人受賞

県優良衛生技能者表彰

市内から2人受賞

2月9日号

消防署西分署整備に一歩

市議会臨時会

消防署西分署整備に一歩

2月9日号

遊作農園が県知事賞

県いちご品評会(果実の部)

遊作農園が県知事賞

2月2日号

25日に創立70周年式典

有馬中学校

25日に創立70周年式典

2月2日号

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

児童のポスター、”和凧”に

児童のポスター、”和凧”に

2月中、三川公園に展示

1月29日~2月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク