海老名版 掲載号:2013年3月1日号
  • googleplus
  • LINE

大正初期の雛飾りも 河の手ギャラリー

150体の人形が並ぶ
150体の人形が並ぶ

 厚木駅そばの河の手ギャラリー(飯島廣代表)で3月10日まで「ひなまつり展」が開催されている。

 ギャラリーには定番の7段飾りをはじめ京都の御殿を再現した「御殿飾り」や、子孫繁栄や無病息災を祈願した「つるし雛」のほか、「ステンドグラス雛」、竹で作られた雛人形などおよそ150体が並び、中には大正3年の雛人形も飾られている。初日に同ギャラリーを訪れた女性は「毎年楽しみにしている。とてもきれいで、癒される」と話した。また飯島代表は「お客様を飽きさせないように毎回少しずつだが見せ方に工夫している。散歩の途中にでも気軽に立ち寄っていただければうれしい」と話していた。同ギャラリーの開園時間は午前11時から午後4時まで。火曜休館。
 

海老名版のローカルニュース最新6件

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

昆虫好き集まれ

昆虫好き集まれ

かぶとくわがた教室

8月2日~8月2日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク