海老名版 掲載号:2013年7月12日号
  • googleplus
  • LINE

存続に向け公演 市民から募金約10万円

文化

 財政難から存続の危機にある県内唯一のプロオーケストラ「神奈川フィルハーモニー管弦楽団」の団員2人が7月5日、市役所エントランスホールで公演した=写真。

 この日のコンサートは市が毎月催している「小さな音楽会」の一環として企画された。開演1時間前から演奏を待つ市民の姿も見られ、用意された200席は満席。立ち見や2階から見下ろすなど会場一杯に人が集まる中、フルートとハープによる二重奏でモーツァルトの「トルコ行進曲」やドビュッシーの「小さな羊飼い」など7曲の演奏を来場者は堪能した。

 また会場には存続を支援する募金箱が設置され、10万1918円が募金された。

 演奏を聴き募金をした、国分寺台に暮らす小賀坂郁男さんは「馴染みがある曲で心が癒された。地元の管弦楽団として応援したい」と話していた。
 

海老名版のローカルニュース最新6件

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

昆虫好き集まれ

昆虫好き集まれ

かぶとくわがた教室

8月2日~8月2日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク