海老名版 掲載号:2013年12月27日号
  • googleplus
  • LINE

海源寺 大晦日に本堂を初公開 双龍などの彫刻が見どころ

文化

 中新田の海源寺(竹本明生住職)が、2011年から建て替えを行っている本堂を12月31日(火)の大晦日に催す「除夜祭」で初めて一般公開する。午後11時30分から翌午前1時30分までで、時間内はだれでも除夜の鐘をつくことができる。

 海源寺は中新田地域で室町時代(1460年)に開山され、550年の歴史を持つ。関東大震災後の1927年に建築された本堂の老朽化が進み、同時に耐震強度の不安を感じていたため、本堂、客殿の建て替えを20008年から進めていた。

 2014年春の完成が予定されているが、大晦日には例年通り「除夜祭」を開催。ここで本堂が初めて一般に公開される。

 見どころのひとつが彫刻師7人が7カ月間、作業場で寝泊まりし仕上げた本堂内の彫刻。中でも長さ約5.4m、45cm角のケヤキ材を彫り出した双龍の虹梁(こうりょう)は見もの。

 ほかにも天女や漠、獅子、鳳凰などの彫刻が調和した本堂は、正面階段上に屋根が張り出す向拝といわれる様式で白木の美しさと木々の力強さを感じさせる。

 竹本住職は「彫り出しの彫刻が見ることができるのは珍しいです。新たな本堂を見て頂き、良い新年を迎えてもらえれば」と話している。「除夜祭」は大晦日の午後11時30分から翌午前1時30分まで。

 寺院の新築完成を祝う「落慶式」は来年4月に予定されている。問合せは同寺【電話】046・231・4130へ。
 

海老名版のトップニュース最新6件

集会所の設置、全国初

宅配ロッカー

集会所の設置、全国初

7月27日号

口腔ケアで健康寿命延伸

全国初事業

口腔ケアで健康寿命延伸

7月27日号

22日は「市民まつり」へ

ごみ有料化の方針公表

海老名市

ごみ有料化の方針公表

7月20日号

市が保険料負担

認知症徘徊対策

市が保険料負担

7月13日号

類似ブロック塀、撤去へ

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

昆虫好き集まれ

昆虫好き集まれ

かぶとくわがた教室

8月2日~8月2日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク