海老名版 掲載号:2014年4月18日号 エリアトップへ

歯科医師会 口腔がん個別検診を開始 市内27医院で対応

社会

掲載号:2014年4月18日号

  • LINE
  • hatena

 海老名市歯科医師会(山川晃司会長)が今年度から口腔がんの個別検診を始めた。市内の指定医療機関27医院で受診が可能で、自己負担1千円。

 国内では年間7千人から8千人が罹患しているとされる口腔がんの発症者は30年前に比べ、約3倍に増えているという。

 症状が進行すると「食べる」「飲む」「話す」「呼吸する」といった口の機能が妨げられるだけでなく、命にかかわる病気のため、歯科医師会では市の委託を受ける形で、5年前から年に4回、集団検診を実施。早期発見・早期治療にあたっている。

より多くの市民に受診の機会を提供

 しかし集団検診は定員制のため、受診を希望しても検診を受けられないケースがあった。こういった状況をもあり、「より多くの市民に受診の機会を提供しよう」と歯科医師会では市内の開業医がそれぞれの医院で診断対応する「個別検診」の実施へ向けた体制整備を進めていた。

 検診は35歳以上の市民が対象。自己負担額は1千円(歯科健診と同時実施)で、各医院への事前予約が必要となる。

 山川会長は「口腔がん検診も胃がんや大腸がんなど内科系のがん検診同様に指定医療機関での検診が可能になった。これによりひとりでも多くの早期発見につなげることができれば」と話している。

 また、集団検診も開催回数は2回となるものの、夏と冬に実施する予定だという。問合せは市健康づくり課【電話】046・235・7880へ。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

8月7日に赤鼻(レッドノーズ)イベント

8月7日に赤鼻(レッドノーズ)イベント 社会

小児病棟の道化師に思い託す

7月30日号

26年の活動に終止符

目久尻川をきれいにする会

26年の活動に終止符 文化

会員高齢化「目的は達成」

7月30日号

身近にある共生社会

タウンレポート

身近にある共生社会 経済

障がい者雇用、「6年前は納付金」

7月23日号

学生に発表の場を

海老名駅前

学生に発表の場を 社会

ビナウォークが「文化祭」企画

7月23日号

DXで資源化増量

座間市ごみ減量対策

DXで資源化増量 社会

草木は燃やさず、バイオ燃料に

7月16日号

動画でグランプリ

海老名の学童保育

動画でグランプリ 社会

賞金で図書館バス実現へ

7月16日号

あっとほーむデスク

  • 7月30日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter