海老名版 掲載号:2014年10月31日号 エリアトップへ

約70年ぶりに改修 国分北の杉本稲荷

掲載号:2014年10月31日号

  • LINE
  • hatena
仮遷座式翌日から解体工事が始まった
仮遷座式翌日から解体工事が始まった

 老朽化に伴い国分北の杉本稲荷神社で社殿の建て直し工事が進められている。着工前にはご神体を仮殿に移す「仮遷座式」があり、翌日から解体作業が始まった=写真。

 講中役員会の飯田英榮会長によると稲荷は地元の氏子神様として親しまれている神社で、傷みが激しいことから今夏、改修を決定。「仮遷座式」では関係者ら14人が弥生神社の池田清宮司とともに儀式に臨んだ。

 工事を請け負う業者によると用いられている部材の状況から、物資が不足していた戦後間もない時期に前回の改修工事が行われたと考えられるという。

 工事は順調に進んでおり、社殿自体の建て替えは10月末までにほぼ終了。今後は周辺の整備を進め、来年2月の初午までにご神体を戻す正遷座式が執り行われる予定だ。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

小百合会の水彩絵画展

職員の復職可能に

職員の復職可能に 社会

綾瀬市で10月から新制度

9月17日号

街頭犯罪等の発生状況

【Web限定記事】座間警察署管内

街頭犯罪等の発生状況 社会

2021年9月6日〜9月12日

9月17日号

発達障害を共有

発達障害を共有 社会

綾瀬の保護者、交流会企画

9月17日号

市に消毒液を寄贈

市に消毒液を寄贈 社会

スーパーなかや

9月17日号

パン購入で子ども食堂応援

パン購入で子ども食堂応援 社会

座間市社協が初企画

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook