海老名版 掲載号:2015年1月16日号 エリアトップへ

無病息災ねがい 各所で「セイトバレー」

文化

掲載号:2015年1月16日号

  • LINE
  • hatena

 正月の松飾りやしめ縄、書初めなどを持ち寄り積み上げて燃やす正月の伝統行事「だんご焼き」が、市内各地で行われた=写真。

 火にあたったり、焼いた団子などを食べればその1年間を健康ですごせるなどの言い伝えもあり、無病息災、五穀豊穣を祈る正月の風物詩。「左義長」や「どんど焼き」などと言われるが、海老名市周辺では俗に「セイトバレー」と呼ばれてきたという。

 海老名むかしばなし第2集内の「繭玉づくりとだんご焼き」には、セイトバレーの様子が記されている。

※※※

―――「だんごは『親玉』といって子どもの握りこぶしほどの大きさのものを3個作り、それを枝分かれしている木の先にさし準備しておく。このほか普通の丸いだんご、繭玉、里芋、鶏といろいろ型取る。歳神様用のだんごを刺す木は小枝がたくさんあるナラの木を用い、13日に神棚や仏壇などに供え繭や農作物の豊作を祈った。翌14日、道祖神の前に納めてあったお飾りや門松を積み立て、火を付ける。書初めが火炎に乗って燃えながら高く上がるほど習字の腕が上がるといって喜んだ。火が下火になるとだんごを焼き始め、焼きあがっただんごを交換し合って食べた」―――

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

目久尻川に彩りを

目久尻川に彩りを 文化

花の苗を植える

5月20日号

ネモフィラ刈り取り

ネモフィラ刈り取り 文化

さがみ野の緑地帯

5月20日号

観音堂で試食会

観音堂で試食会 社会

「寺っこカレー」

5月20日号

認知症サポーター養成

認知症サポーター養成 社会

座間市主催、座談会も

5月20日号

綾瀬で読み聞かせ

綾瀬で読み聞かせ 社会

絵本作家が講師

5月20日号

障がい者の働く機会応援

憲章Tシャツ

障がい者の働く機会応援 社会

売上の一部が工賃に

5月20日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook