海老名版 掲載号:2015年4月17日号 エリアトップへ

左岸土地改良区 農林水産大臣賞を受賞 地域農業などに貢献

社会

掲載号:2015年4月17日号

  • LINE
  • hatena
全国で5団体が受賞した
全国で5団体が受賞した

 海老名市中新田にある「県相模川左岸土地改良区」(赤井光夫理事長)がこのほど、適正な業務運営が評価され、全国で5団体のみが選ばれる農林水産大臣賞を受賞した。

 この団体は相模川を水源とし、相模原市南区から座間、海老名、寒川、藤沢、茅ヶ崎の5市1町の水田643ヘクタールに水を配る用水路を管理している。昭和5年に設立し、洪水防止や景観の形成など多面的機能を発揮する農地を守る役割を担っている。

 多面的機能とは、農地を米や野菜などの生産の場だけはなく、生物の暮らしの場の提供や川の流れの安定を確保、温暖化の緩和など、さまざまな影響を指す。

工夫した取組み評価

 冬期間の慣行水利権を活用し、米作りをしない冬の間に水を入れることで雑草を抑制する「冬期通水・冬期湛水」や、地元酒造会社と連携し酒造工程で発生する米ぬかの水田還元等による酒米栽培を行うなど、地域農業の活性化や地元特産品の開発・生産にも寄与している。 

 また、今泉小、上星小の5年生を対象に田植えから稲刈り、収穫祭の課外授業を通して田んぼに流れる水について、次世代に取組みを伝えている活動や、新たなエネルギー資源として多くの企業が注目しているという用水路の流れを利用した小水力発電に対しても開発の実証実験を行うなど、さまざまな工夫した取組みに対し、地域農業を牽引する役割を果たし、他の土地改良区の模範となると評価を受けた。

 農林水産大臣賞は、地区面積500ヘクタール以上の土地改良区、全国約6800団体から毎年5団体が表彰を受ける。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

小百合会の水彩絵画展

職員の復職可能に

職員の復職可能に 社会

綾瀬市で10月から新制度

9月17日号

街頭犯罪等の発生状況

【Web限定記事】座間警察署管内

街頭犯罪等の発生状況 社会

2021年9月6日〜9月12日

9月17日号

発達障害を共有

発達障害を共有 社会

綾瀬の保護者、交流会企画

9月17日号

市に消毒液を寄贈

市に消毒液を寄贈 社会

スーパーなかや

9月17日号

パン購入で子ども食堂応援

パン購入で子ども食堂応援 社会

座間市社協が初企画

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook