海老名版 掲載号:2015年9月25日号 エリアトップへ

中央図書館 10月1日 新装へ 開館日拡充、利便性向上も

社会

掲載号:2015年9月25日号

  • LINE
  • hatena

 全面改修工事を行っていた「海老名市立中央図書館」(高橋聡館長)が、10月1日にリニューアルオープンする。年中無休で午前9時から午後9時まで開館するほか、これまで地下書庫などに収蔵されていた書籍も公開。閲覧可能な蔵書数を12万冊から約25万冊に倍増させ、新たにカフェや書店を併設するなど、利用しやすい環境を整え利用者拡大を目指す。

カフェ・書店併設

 海老名市立中央図書館(上郷474の4=写真=)は、昨年春から大手レンタルソフト店「TSUTAYA」で知られる「カルチュア・コンビニエンス・クラブ(株)」(以下CCC)と「(株)図書館流通センター」(以下TRC)に運営を委託。今回のリニューアルでは、開館時間や蔵書数の拡充に加え、CCCの特長を生かし、カフェと書店を一体化させた「Library&Cafe」などが導入される。

 海老名市に先駆けて同様の運営形態を取り入れた「武雄市図書館」(佐賀県)では県外からも多くの人が訪れ、来館者だけでなく観光客の増加にも貢献。地域PRの面でも大きな話題となっており、関係者は期待を寄せている。

懸念の声も

 一方、武雄市図書館ではCCCの関連企業から優先的に本(蔵書)を購入する、いわゆる「選書問題」が発覚。公平な税金の使い方が問われる事態を踏まえ、海老名市議会でも再発を懸念し、議論が交わされるなど、運営形態に対し問題視する市民も増えているという。

 高橋館長は、市立中央図書館における蔵書選びについて「共同運営者(TRC)や、市教育委員会に諮ってから購入を決定する」等といった”善後策”を例示。「海老名市とTRCと連携して、幅広い市民に利用してもらえるよう取り組んでいきたい」などと話している(=今号「人物風土記」に関連記事)。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

ようこそ綾瀬へ

ベトナム技能実習生

ようこそ綾瀬へ 社会

市、商工会、企業が全面支援

1月22日号

各地で出動減

2020救急件数

各地で出動減 社会

年明けからコロナ搬送急増

1月22日号

集団接種へ準備本格化

新型コロナワクチン

集団接種へ準備本格化 社会

各市、急ピッチで対応

1月15日号

コロナ病床を増床

海老名総合病院

コロナ病床を増床 社会

一般患者の入院にも影響

1月15日号

オンラインで工場見学

オンラインで工場見学 経済

綾瀬の12社、持続可能イベント

1月8日号

綾瀬、座間は中止

成人式会場開催

綾瀬、座間は中止 社会

海老名は延期へ

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク