海老名版 掲載号:2015年10月23日号 エリアトップへ

小田急電鉄 異常時備え、大規模訓練 一般モニターが初参加

社会

掲載号:2015年10月23日号

  • LINE
  • hatena
500人が参加
500人が参加

 小田急電鉄株式会社(山木利満社長)が10月15日、海老名電車基地で異常事態を想定した大規模な訓練を実施した。これは併発事故の防止と事故の早期復旧、運転事故防止意欲の向上を目的に同社が1962年から行っているもの。

 「列車が遮断機を突破して踏み切り内に進入した自動車と接触。これにより、自動車運転者や列車内で負傷者が出たほか先頭車両が脱線した」と想定。訓練が始まると、現場は静寂から一転。人命救助から乗客の避難誘導、復旧作業など、様々な声が飛び交う本番さながらの訓練になった。

 今回の訓練では電鉄社員や市警察ら約500人が参加したほか、これまで見学のみだった一般市民も乗客として体験した。

 一般モニターとして参加した人は「普段から利用させてもらっているので、このような活動をしているのは利用者として安心」と話していた。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

男女共同参画推進員を募集

男女共同参画推進員を募集 社会

性差のない街づくりのため

1月22日号

学業成就願う

学業成就願う 社会

24日 座間神社で筆まつり

1月22日号

苦境でも「夢」追う元社協マン

苦境でも「夢」追う元社協マン 社会

コロナ禍の支援対象外

1月22日号

舞台は「えびな」

舞台は「えびな」 文化

高橋操さん 絵本作家デビュー

1月22日号

商品券きょう申込締切

座間市

商品券きょう申込締切 社会

実施期間めぐり市議16人が要望書

1月22日号

座間から世界にエール

座間から世界にエール 社会

30秒動画を募集中

1月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク