海老名版 掲載号:2015年10月30日号 エリアトップへ

市内の親子50組が参加 ”避難所での一夜”体験 大谷小で「宿泊型防災訓練」

教育

掲載号:2015年10月30日号

  • LINE
  • hatena
アルファ米の非常食で空腹をしのぐ子ども達
アルファ米の非常食で空腹をしのぐ子ども達

 親子で参加する宿泊型の防災体験イベントが10月24日、25日に大谷小学校の体育館で開催された。

 この訓練は「いつ起きるか分からない大規模災害に備え、子どもたちに緊急時の状況を経験させたい」という思いから発案されたもの。企画や運営は国分寺台にある学童保育「Anchor」(アンカー)と、大谷北の学童保育「エレメンタリーガーデン」に通う子どもの父親らが中心に進められ、約50組の親子が参加した。

実践さながらの内容

 イベントでは、振動装置が搭載された「起震車」に乗り、震度7の揺れを体験したほか、夕食には「アルファ米」と呼ばれる非常食が提供され=写真=、電力は緊急時用のソーラーパネルで発電したものを使用するなど、避難所さながらの生活で一夜を明かした。また、東日本大震災の被災地でボランティア活動をした市民によるスライドショーも上映され、防災への意識を高めていた。

 参加児童の1人は「アルファ米は思ったより美味しかったけれど、この食事が毎日続くと飽きてしまうかもしれない」と感想を述べていた。イベントの代表を務める橋本頼明さんは、「子どもたちは楽しみながらも、いざという時の状況を肌で感じてくれたと思う。来年以降も続けられるようにしたい」と話していた。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

シェイクアウト訓練

シェイクアウト訓練 社会

1月23日に座間で開催

1月15日号

成人の日とは何か

成人の日とは何か 社会

デスク・レポート

1月15日号

「最古」の棟札が市文化財に

「最古」の棟札が市文化財に 文化

鈴鹿明神社所蔵

1月15日号

コロナ禍でも介護の力に

コロナ禍でも介護の力に 社会

ベトナム国籍2人が就労開始

1月15日号

早春告げるロウバイ

早春告げるロウバイ 社会

座間谷戸山公園で見頃

1月15日号

農園利用者を募集

農園利用者を募集 文化

綾瀬 旬菜みのりファーム

1月15日号

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク