海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2016年4月22日号 エリアトップへ

小熊雪子さん 病と闘い、絵を描く 4月25日と26日に作品展

文化

掲載号:2016年4月22日号

  • LINE
  • hatena
展示作品の一つ
展示作品の一つ

 海老名市民ギャラリーで4月25日(月)と26日(火)、未だ治療法が確立されていないパーキンソン病と闘いながら絵を描き続けている小熊雪子さん(86)の作品展「昭和の思い出」が開催される。通院する病院では、小熊さんの絵がリハビリに導入されるなど、触れる人の心を和ませている。

 子育てが終わった50歳代から本格的に絵を描き始めた小熊さん。絵画のほかにも絵染や押し葉絵などの作品を手掛け、市内でも展示会を行ってきた。

 手足のふるえや動作が緩慢になるなど、難病として知られるパーキンソン病と診断されたのは5年前。現在も闘病生活が続き、入退院を繰り返している。作業をしているときは不思議と発作が出なかったため、自身のリハビリとして絵を描いていたという。

 懐かしの風景などを描いた絵が病室内で評判を呼んだことから、病院側が「塗り絵を使ったリハビリ」に、小熊さんの絵を導入。「人を元気にする絵」として親しまれている。

 今回の展示会は、こうした小熊さんの姿や絵の影響を多くの人と共有しようと、娘の尾山幸さんが企画した。作品は昭和の自然や風物をテーマに、ペンと色鉛筆で描かれ、当日は約40点が飾られる予定。

 尾山さんは「昭和の時代に育った方はもちろん、昭和の時代を知らない世代の方も、母の絵の中にどこか懐かしい風景を見つけることができると思います。母の素朴で温かい絵を、楽しんで頂ければ幸いです」と話している。

 展示会の開催時間は4月25日(月)は正午から午後5時、26日は(火)午前9時から午後5時まで。入場無料。問合せは尾山さん【電話】046・231・6517。

病室で絵を描く小熊さん
病室で絵を描く小熊さん

特別定額給付金

綾瀬市の申請締め切りは令和2年8月15日(土)です。

https://www.city.ayase.kanagawa.jp/hp/page000036000/hpg000035948.htm

座間市立市民交流プラザ

8/29お薬講座、8/14〜やさしいパワーヨガ

https://zama-p.jp/

座間市に7月15日新規オープン

7/23(木)~26(日) 予約制 入居見学会開催!

https://www.asuka-care.jp/facility/index/6

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

言葉の大切さ伝え46年

座間市

言葉の大切さ伝え46年 社会

「さくらんぼ」に文科大臣表彰

7月17日号

理美容券配布へ

海老名市コロナ対策

理美容券配布へ 社会

77歳1,625人に8月発送

7月17日号

古塩氏が無投票再選

綾瀬市長選

古塩氏が無投票再選 政治

「コロナ後の行政」当面の課題に

7月10日号

プレミアム商品券を発行へ

海老名市

プレミアム商品券を発行へ 社会

総額14億円、43%上乗せ

7月3日号

「座間全体をひまわり畑に」

「座間全体をひまわり畑に」 社会

まつり中止、有志が企画

7月3日号

オーディション実施へ

綾瀬市民オペラ

オーディション実施へ 文化

21年の本公演に向けて

6月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月17日0:00更新

  • 7月10日0:00更新

  • 7月3日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月17日号

お問い合わせ

外部リンク