海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2016年5月27日号 エリアトップへ

杉本小ふれあい田んぼ 今年もホタル舞う 市民団体が環境整備に尽力

社会

掲載号:2016年5月27日号

  • LINE
  • hatena
幻想的な光を放つ
幻想的な光を放つ

 幻想的な光を放ち、人の心を和ますホタルが飛ぶ姿が、5月19日に杉本小学校正門前の「ふれあい田んぼ」で確認された。同場所でのホタルの数は年々増えており、近隣住民以外にも訪れるようになるなど「海老名のホタル」として定着し、親しまれている。

 5月19日に観測されたホタルは2頭。11日に座間市内で確認されたことを受け、柏ケ谷在住の三宅絋輔さんが12日から連日通い、この日の午後8時ごろに暗闇に輝く光を発見した。三宅さんは「今年もホタルが見られて良かった。何頭見られるか楽しみ」と期待を寄せていた。

 このホタルは、三宅さんが所属する「目久尻川をきれいにする会」が杉本小の児童とともに放流した幼虫が成長したもの。同事業は14年前から取り組まれており、ホタルの幼虫200匹とその餌となるカワニナを放流している。

 ホタルが生息するには水質の安定性や人工照明が少ないなど、さまざまな条件が必要なため、市内での自然発生は極めて難しいとされている。同会では草木の剪定や土止めすることで水路を整備し、環境を整えている。今年は通り沿いを走る車のライトを遮るため、防護柵に遮光ネットを張るなど新たな対策にも乗り出した。これらの活動から年々ホタルの数は増え、昨年は十数頭が飛び交っていた。

 同会では、多くのホタルが飛ぶと予想される5月29日(日)に観賞会を実施。誰でも参加可能で希望者は同場所へ直接。午後7時30分ごろから。関係者は「子どもたちにぜひ見せてあげたい。『海老名のホタル』を家族揃って楽しんで頂ければ」と話している。

お葬式から樹木葬まで

地域で30年以上。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

3月31日開通へ

東名高速道路綾瀬スマートIC

3月31日開通へ 経済

東京、名古屋、圏央道も身近に

2月26日号

商店会がバス運行

買物弱者支援

商店会がバス運行 経済

県補助受け車両購入

2月26日号

苦渋にじむ現実路線

座間市当初予算案

苦渋にじむ現実路線 政治

自己採点は「50点」

2月19日号

利用期間延長へ

座間市商品券

利用期間延長へ 政治

追加経費1,100万円、専決処分

2月12日号

座間はLINEでも

ワクチン接種予約

座間はLINEでも 社会

24時間受付可能

2月12日号

センバツ出場決定

東海大相模

センバツ出場決定 スポーツ

2年連続12回目

2月12日号

海老名総合病院で働きませんか

未経験OK、夜勤出来る方歓迎。2/6、3/13にお仕事説明会

https://job.jinai.jp/recruit/rec_facilities/kanagawaken/ebinashi/ebina/

全国展開だから安心査定

ただいま査定額30%アップ実施中です。

http://r-hibarigaoka.otakaraya.net/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 2月13日11:51更新

  • 2月12日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク