海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2016年8月26日号 エリアトップへ

本郷中谷津遺跡 建物跡や土器、新たに出土 住民向けの説明会も好評

文化

掲載号:2016年8月26日号

  • LINE
  • hatena
発掘現場で見学会が行われた(海老名市提供)
発掘現場で見学会が行われた(海老名市提供)

 市内本郷にある「本郷中谷津遺跡」で7月下旬から発掘調査が行われ、竪穴建物跡や道上遺構、土器類が新たに出土した。これを受け、海老名市教育委員会は8月16日に発掘現場で見学会を実施。本郷地区の住民らが参加し、詳細な説明を受けていた。

 本郷中谷津遺跡は、釜坂川と永池川に挟まれた相模野台地南西端部に位置している。道路新設や建物の建設など開発が遺跡に及ぶ際には発掘調査が行われており、これまで19地点で弥生時代中期の環濠集落や古墳時代前期の建物跡などが確認されている。

 今回の発掘調査は、今後着工する保育園の建設工事に先駆けて行われたもの。本郷にある、毎日新聞首都圏センター海老名工場東側の土地約200平方メートルを50cmほど掘り下げたところ、弥生〜古墳時代と、奈良〜平安時代のものとみられる竪穴建物跡が七つ、近世以降のものとみられる道状遺構が一つ見つかった。建物跡の中からは、土師器、須恵器、陶磁器などの土器類が掘り起こされた。

 市教委は「これまでも周辺で出土が確認されている場所なので、遺構があることは予測されていた。結果、さまざまな品が見つかり、本郷地区に大規模集落があったことを裏付ける一つのヒントになった」と話している。

「近所の遺構」に感嘆

 16日には、地域住民に歴史を体感してもらうことを目的に見学会を行い、約70人が参加した。会場には出土品が展示されたほか、実際の発掘現場に集まり、推測される事柄を調査員が説明。参加者はメモを取りながら熱心に耳を傾けていた。

 参加者は「自宅の近くに遺構が眠っていると知り、驚いた」などと話していた。

 出土品は今後、パーツの接合等を経て、郷土資料館「温故館」に展示される可能性もあるという。

顔が見える安心、お葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

市長給与削減案 否決

座間市議会臨時会

市長給与削減案 否決 政治

反対9、賛成6、退席6

10月23日号

全国へあと2勝

綾瀬リトルシニア

全国へあと2勝 スポーツ

部員18人、50年目の挑戦

10月23日号

新たなイベント様式探る

新たなイベント様式探る 文化

10月31日に「あやせ復活!」

10月16日号

平野さんに正力松太郎賞

宗仲寺前住職

平野さんに正力松太郎賞 教育

幼児教育に長年尽力

10月16日号

あわや大惨事に

タウンレポート

あわや大惨事に 社会

94歳運転手、猛スピード横断

10月9日号

佐藤新市長が初登庁

座間市

佐藤新市長が初登庁 社会

コロナ対策「喫緊の課題」

10月9日号

地域の奉仕団体

タイへの介護用品寄贈やポリオ撲滅に力を入れています

http://www.ebina-rc.org/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク