海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2016年11月25日号 エリアトップへ

2016年秋の叙勲 市内から2人が受章 飯田英榮さんと内村彰和さん

社会

掲載号:2016年11月25日号

  • LINE
  • hatena
飯田さんと内村さん(右)
飯田さんと内村さん(右)

 2016年秋の叙勲がこのほど発表され、市内から国分北在住の飯田英榮さん(74)が旭日小綬章を、国分南在住の内村彰和さん(71)が瑞宝小綬章を受章した。

 叙勲は毎年4月と11月に、国や社会に対して功労のあった人を表彰する制度。顕著な功績を上げた民間人や政治家に贈られる旭日章と、長年公務などに従事した人を称える瑞宝章などがある。

 地方自治功労者として旭日小綬章に選ばれた飯田さんは海老名市政に対して6期24年尽力してきた元市議会議員。大和市役所に49歳まで勤め、1991年に同選挙に出馬し初当選を果たした。

 同議長をはじめ、県議長会の会長を務めるなど、半世紀にわたり地方自治に貢献。このほか市の花「さつき」を広める「さつき研究会」や、「目久尻川をきれいにする会」、市無形文化財に指定されている「国分はやし保存会」の会長を務めるなど、地域活性にも深くかかわってきた。

 受章を受け飯田さんは「活動はお世話になっている人への恩返し。素晴らしい章をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです」と話していた。

 一方、34年陸上自衛隊に勤務してきた内村さんには防衛功労者として、瑞宝小綬章が贈られた。

 高校時代の先輩に憧れて防衛大学に進学。学ぶにつれて日本の防衛に携わってみたいという強い思いを抱き、自衛隊の道へと踏み出した。

 長年の自衛官人生で大きくかかわってきたのはコンピューターシステムの構築と、”兵站(へいたん)”と呼ばれる自衛隊の後方支援部隊の活動だ。前者では自衛隊全体の指揮統制を行う初代の中央システム管理隊長、後者では約500人を率いる連隊長の任務を遂行してきた。退官時は高級幹部を指導する主任教官に従事した。

 その後民間企業に勤め、引退後に海老名へ。現在は自治会や小学校の活動など地域事業にも積極的に参加しているという。内村さんは「名誉なこと。歩んできた道が評価され、大変嬉しい」と笑みを浮かべた。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

顔が見えるお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

分担金変更案を否決

高座清掃施設組合議会

分担金変更案を否決 社会

ごみ減量実績めぐり白熱

4月9日号

成人フェス開催へ

成人フェス開催へ 社会

座間RCなど地域団体で盛り上げ

4月9日号

10年ぶり全国制覇

日本の大動脈と連結

日本の大動脈と連結 経済

綾瀬スマートICが開通

4月2日号

5世代の車両一堂に

ロマンスカーミュージアム

5世代の車両一堂に 経済

国内最大級の沿線ジオラマも

4月2日号

フォトコンで元気を

綾瀬市商工会青年部

フォトコンで元気を 経済

桜まつり代替えで初開催

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 綾瀬スマートIC

    神奈川県議会議員 綱嶋洋一   県政報告

    綾瀬スマートIC

    今後の課題と展望

    4月2日号

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク