海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2018年2月2日号 エリアトップへ

有馬中学校 25日に創立70周年式典 伝統の「合唱」で記念祝う

教育

掲載号:2018年2月2日号

  • LINE
  • hatena
式典に向けて、合唱の練習に汗を流す参加者
式典に向けて、合唱の練習に汗を流す参加者

 海老名市立有馬中学校が創立70周年を迎え、2月25日(日)に記念式典を開催する。これに向けて現在、PTAをはじめとした学校関係者らで「合唱団」を結成し本番に向けて練習を重ねているほか、学校の歴史を振り返るスライドショーの制作など着々と準備が進められている。同校の土屋雄一校長は「地域の皆様と祝える式典にできれば」と話している。

 同校は1947年5月5日に高座郡有馬村立有馬中学校として、5級190人の生徒で開校した。当時は戦後教育の指針となった「教育基本法」と「学校教育法」が公布され、六・三制を基本とする義務教育体制が発足。これを受け、国民学校高等科が中学校となり、海老名町と有馬村にも新制中学校が設置されることになった。このとき、県全体で180校が同時に開校した。急な制度変更だったため他の中学校と同様に独立校舎の建設は遅れ、有馬中学校では小学校の一部と旧青年学校を転用して開校された。

 これまでにも様々な周年事業を実施してきた同校が、70年を祝う事業に掲げたのは伝統ある「合唱」。1月25日には2度目の練習が行われ、学校に携わった教諭や卒業生の保護者が集まり再会を楽しみながら、練習に汗を流していた。

 式典では、合唱以外にも同校吹奏楽部の演奏や70年の歴史を振り返るスライドショーが行われる。また、周年事業と同時に、地域と学校の連携を図る「コミュニティ・スクール」を発足。記念イベントとして、通塾せず東京大学に現役合格した経験を活かし、自然と勉強が身につく家庭学習法から家庭円満のためのコミュニケーション法のアドバイスをしている、藤田和彦氏の講演会も行われる。

 土屋校長は「この式典は誰でも参加できますので、有馬中学校に縁のある方はぜひ参加して欲しい。また、合唱団員は随時募集中ですので、お気軽にお越しになって下さい」と呼び掛ける。

 合唱の練習予定は、2月8日(木)・22日(木)の午後6時30分からと、12日(月)・25日(日)の午前10時から約2時間。

 式典は有馬小学校体育館で午後1時から4時30分まで開催される。

 問合せは同校【電話】046・238・3365へ。

地域の冷蔵庫として35年

スーパーなかや海老名店がリニューアルOPEN

http://www.nakaya-shouji.jp/index.html

新しい生活様式で運営中

公演情報を随時更新しています。

https://ayase-bunka.com/

あやせ名産品のご案内

神奈川県綾瀬市の名産品店5店舗を紹介しています

https://www.city.ayase.kanagawa.jp/hp/page000031400/hpg000031386.htm

顔が見えるお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

おでんナイト本日開催

海老名駅西口

おでんナイト本日開催 文化

すぐそばでイルミ点灯式も

11月20日号

早期治療で疫病退散

栗原神社シラカシの木

早期治療で疫病退散 文化

樹齢530年、ナラ枯れ回避

11月20日号

「想定以上の反響」

座間市アウトリーチ支援

「想定以上の反響」 社会

ひきこもりに専門家対応

11月13日号

20日からイルミ点灯

2千個のブルーライト、当日式典も

20日からイルミ点灯 文化

11月13日号

中止、自粛以外の選択肢も

タウンレポート

中止、自粛以外の選択肢も コミュニティ文化

新たな“イベント様式”、市民が実証

11月6日号

食堂が来年4月再開へ

座間市役所ふれあい会館

食堂が来年4月再開へ 社会

「やま」経営企業が運営

11月6日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

顔が見えるお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク