海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2018年6月22日号 エリアトップへ

市消防隊員坂本さん・阿部さん 20年ぶりに「全国」へ ロープ応用登はん部門で

社会

掲載号:2018年6月22日号

  • LINE
  • hatena
坂本さん(左)と阿部さん
坂本さん(左)と阿部さん

 市消防本部に勤務する坂本真吾さん(27)と阿部嘉博さん(22)のチームが、6月12日に実施された「第43回県下消防救助技術指導会」のロープ応用登はん部門で優勝し、全国大会への切符を手にした。市消防隊員が同部門で全国の舞台に進むのは20年ぶり。2人は「海老名を代表して出場するからには日本一を目指したい」と意気込んでいる。

 同大会は、消防救助活動に不可欠な体力・精神力・技術力を養うことを目的として、県内の消防隊員を対象に毎年実施されているもの。各市の選考会で上位となったチームが出場するハイレベルな大会で、関東・全国大会の選考も兼ねている。

 坂本さん・阿部さんチームが出場したのは「ロープ応用登はん」部門。登はん者と補助者が2人1組で行うもので、塔上から垂れ下がるロープの到達点(15m)まで器材を使わずにのぼり、確実性とタイムを競う競技だ。

 2人は4月の人事異動で第2警備課に配属されたことを機に、チームを結成。登はん者には勢いのあるタイプの阿部さん、考えてから行動する性格の坂本さんは補助を担当し、各々の異なる個性を活かしバランスの取れたチームを作り上げ、5月に行われた県央大会でも優勝の実績を残している。

 今大会に向けては、当直の日は欠かさず練習に励み、トータルで120時間、350本ほどの数をこなしてきた。本番ではその成果を遺憾なく発揮。チーム結成2カ月という短期間ながら、2人は息の合ったプレーで減点なく9・4秒の好タイムをマークし、県内から集った23チームを引き離して1位に輝いた。

 坂本さんは「日頃の訓練の成果が結果としてあらわれ嬉しく思った」と話し、阿部さんは「一緒に組んでいる坂本さんの力が大きかった。目標の全国に出られるので良かった」と語った。

 現在は8月24日(金)に行われる「全国大会」に向けて研鑽に励んでいる。

ロープ応用登はんに出場した坂本さん・阿部さんチーム(右)=市提供
ロープ応用登はんに出場した坂本さん・阿部さんチーム(右)=市提供

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

人口比率19市トップ

綾瀬市外国籍市民

人口比率19市トップ 社会

「スリランカ」が急増

4月3日号

新年度に大規模改修へ

有馬図書館門沢橋コミセン

新年度に大規模改修へ 社会

来年5月にリニューアル

3月27日号

栄和産業に栄誉

経産省

栄和産業に栄誉 経済

ダイバーシティ経営を評価

3月27日号

古塩氏が出馬表明

綾瀬市長選

古塩氏が出馬表明 政治

市民文化センター再編に意欲

3月20日号

22年度以降も20歳対象

座間市成人式

22年度以降も20歳対象 社会

成人年齢引き下げ後も

3月20日号

頑張る飲食店を紹介

頑張る飲食店を紹介 社会

季刊情報誌が特設ページ

3月13日号

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク