海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2018年12月14日号 エリアトップへ

海老名里山づくり 山仕事の会 神奈川地域社会事業賞を受賞

社会

掲載号:2018年12月14日号

  • LINE
  • hatena
10日に行われた活動に参加した同会メンバー
10日に行われた活動に参加した同会メンバー

 海老名市内の緑を残そうと活動するNPO法人「海老名里山づくり 山仕事の会」(伊藤健三代表)がこのほど、「第31回神奈川地域社会事業賞」を受賞した。

 この表彰は神奈川新聞社と神奈川新聞厚生文化事業団が主催し、福祉、教育、環境など地域で活躍する市民団体を称えるもので、設立から10年以上継続している等の条件をクリアし、今後の発展が見込まれる団体が表彰される。今年は3団体が選ばれ、市内からは里山保全活動をしている「山仕事の会」が受賞した。

 2000年に行われていた市民大学”えびな環境市民会議”で講師を務めていた伊藤健三氏の呼び掛けのもと、06年に同会が発足。20人だった会員は、賛助会員含め現在は50人ほどに拡大した。これまで伊勢山自然公園や秋葉山古墳のほか地元住民が保有している緑地で、枝打ちや間伐、下草刈り等の作業をしながら”樹木の荒廃に歯止めをかける”という緑の保全活動を行ってきた。

 毎週月曜日の月最低3回というペースで活動が行われ、保全活動以外にも、「環境フェスティバル」(市主催)や「みずきフェスタ」(県主催)、杉久保小学校でのサマースクールなど、地域の各種イベントにも参加し、市民に啓発を行っている。

 伊藤代表は「仕事内容は地味で地道。こうした活動に光を当ててくれるのは大変嬉しく思います。ボランティア団体として同じ想いで参加してくれているチームのメンバーとともに、次世代に向けて『海老名の緑』を残していきたい」と受賞の喜びを語った。

顔が見える安心、お葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

市長給与削減案 否決

座間市議会臨時会

市長給与削減案 否決 政治

反対9、賛成6、退席6

10月23日号

全国へあと2勝

綾瀬リトルシニア

全国へあと2勝 スポーツ

部員18人、50年目の挑戦

10月23日号

新たなイベント様式探る

新たなイベント様式探る 文化

10月31日に「あやせ復活!」

10月16日号

平野さんに正力松太郎賞

宗仲寺前住職

平野さんに正力松太郎賞 教育

幼児教育に長年尽力

10月16日号

あわや大惨事に

タウンレポート

あわや大惨事に 社会

94歳運転手、猛スピード横断

10月9日号

佐藤新市長が初登庁

座間市

佐藤新市長が初登庁 社会

コロナ対策「喫緊の課題」

10月9日号

地域の奉仕団体

タイへの介護用品寄贈やポリオ撲滅に力を入れています

http://www.ebina-rc.org/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク