海老名版 掲載号:2019年3月22日号
  • LINE
  • hatena

光輝くホタルになってね 杉本小児童が幼虫放流

教育

幼虫と餌を小川に放つ児童
幼虫と餌を小川に放つ児童

 杉本小学校の4年生が3月13日、同校正門前のふれあいたんぼの小川でホタルの幼虫を放流した。

 これは同校の脇を流れる目久尻川の美化活動に取り組む市民団体「目久尻川をきれいにする会」(飯田英榮会長)が展開している「ホタルの里事業」の一環で、同校の児童とともに目久尻川に関する様々な催しを展開している。

 今回の事業は16回目の開催となり、児童102人が参加。ホタルの幼虫200匹と餌となるカワニナ1200匹を川に放った。児童の一人は「この場所でホタルを見たことがあるけれど、幼虫は初めて見た。少し気持ち悪いと思ったけれど、成虫になってキレイに飛ぶ姿を見たい」と成長を待ち遠しそうに話した。

 ホタルの飛来は例年6月上旬に見られている。

海老名版のローカルニュース最新6件

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

87歳が伝える詩(うた)

杉久保南在住の平澤共子さん

87歳が伝える詩(うた)

4月30日、市文化会館で

4月30日~4月30日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク