海老名版 掲載号:2019年10月4日号 エリアトップへ

地域の足、実証運行始まる 南部地域の不便さを解消

社会

掲載号:2019年10月4日号

  • LINE
  • hatena
待合所の目印となる看板
待合所の目印となる看板

 海老名市は10月から新たな移動手段として、市内中野・社家・門沢橋地区で「コミュニティ交通」の実証運行を開始した。利用状況などを踏まえ、本格運行に移行するか検討する。2020年9月末までは無料で、10月以降は有料の予定。実証期間は2年間。

 市南部ではJR相模線と路線バス、コミュニティバスの公共機関に加え、高齢者や障害者らが利用できる「ぬくもり号」(社会福祉協議会サービス)などの移動手段がある。

 しかし、路線から離れた地域の自治会関係者と子育て世代を集めた勉強会の場や地元住民へのアンケートから移動手段の課題が浮き彫りとなった。これを受け、市は新たな交通手段を模索し、今回の実証運行に至った。

 実証運行では駅から半径1Km圏内、バス停から300m以上離れた地域の住宅街を通る「コミュニティ交通」として、(株)ハートフルタクシーに運行を委託。乗務員含む10人乗りのハイエースグランドキャビンを使う。事業費は2年間で5200万円を見込んでいる。

 運行ルートはフードワン(本郷)から門沢橋駅、社家駅、運動公園、こどもセンター、市役所などを通り、海老名駅までで、乗車できる待合所は17カ所。午前9時から午後5時台まで1日往復7便、片道38分かけて運行する。時間帯によって南部から運動公園までしか運行されない便もある。

 発着時間や停車場所等は市HP、または公共施設にチラシが配架されている。詳細は市都市計画課【電話】046・235・9676へ。

中野・社家・門沢橋地区を走る(写真は市提供)
中野・社家・門沢橋地区を走る(写真は市提供)

海老名版のトップニュース最新6

神宮司さん(下今泉在住)が優勝

全日本学生 音楽コンクール 東京大会

神宮司さん(下今泉在住)が優勝 文化

11月末に全国大会出場

11月8日号

三田氏が会頭再任

海老名 商工会議所

三田氏が会頭再任 経済

新体制は副会頭4人

11月8日号

中農生・多田さんが優秀賞

農業甲子園

中農生・多田さんが優秀賞 教育

鑑定競技の食品部門で

11月1日号

浜田涼菜さんが奨励賞

MOA美術館児童絵画作品展

浜田涼菜さんが奨励賞 文化

736点から全国展へ

11月1日号

11度目の県制覇

東柏太鼓

11度目の県制覇 文化

3月の全国大会に出場

10月25日号

水害恐れ、5千人が避難

台風19号

水害恐れ、5千人が避難 社会

相模川沿岸で大きな被害

10月18日号

「投票率を上げたい」

市長選市議選

「投票率を上げたい」 政治

政治への関心高める動き

10月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

32年の歴史に幕32年の歴史に幕

海老名演劇鑑賞会海老名演劇鑑賞会 11月20日に最終回11月20日に最終回

32年の歴史に幕32年の歴史に幕

11月20日~11月20日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク