海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2020年1月24日号 エリアトップへ

伝統芸能を踊ろう 海老名おわら節の体験会

文化

掲載号:2020年1月24日号

  • LINE
  • hatena
様々な年代の人が練習している
様々な年代の人が練習している

 市内で越中おわら節を広めようと活動している「海老名おわら四季の会」が、一般市民向けの体験会を初めて開催する。開催日程は、第2・4火曜日(午後6時から9時)は市文化会館、第2・4日曜日(1時30分から4時30分)は国分コミセン。参加費無料。

踊りや唄には海老名らしさ

 越中おわら節は300年以上続く富山県八尾の郷土芸能で、哀愁を帯びた胡弓の音色や、優雅な女踊りと切れのある男踊りなどが特徴の民謡。これを広めようとする同会では、振りや唄の節回しはそのものながら、「踊りのフォーメーションや唄は海老名らしさを出そう」と会員で考案した”創作おわら”となっている。代表作には「千手観音」「相州男唄」「白椿の精」など、見ごたえのある踊りが多数ある。

 今回の体験会では、初心者でも楽しくおわら節に触れられるよう、経験豊富な会員が男・女踊りをはじめ、唄、三味線、胡弓を指導する。同会は「年齢や経験など気にせず、気軽にご参加ください」と呼び掛けている。

 参加希望者は同会若山さん【電話】046・232・8182へ。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

「安心した」が率直な気持ち

特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

小金沢昇司さん

2月21日号

さくら百華の道に春

座間の名所

さくら百華の道に春 文化

開花リレーがスタート

2月21日号

屋内型イベント綾瀬市自粛方針

総合計画、総仕上げへ

座間市当初予算案

総合計画、総仕上げへ 社会

一般会計、過去最大規模に

2月21日号

議会日程

議会日程 政治

2月21日号

化学防護服で初の出動

海老名市消防

化学防護服で初の出動 社会

不審物除去で一時緊張

2月21日号

20年続く支援

20年続く支援 社会

ソロプチミストあやせ

2月21日号

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク