海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2020年12月11日号 エリアトップへ

綾瀬鳥居ヤス子さん 「もっと普及させたい」 ソーラークッカーで環境大臣表彰

経済

掲載号:2020年12月11日号

  • LINE
  • hatena
愛用のソーラークッカーと鳥居さん
愛用のソーラークッカーと鳥居さん

 太陽光を利用する加熱調理器具「ソーラークッカー」の普及活動を続けている綾瀬市の鳥居ヤス子さん(89)=上土棚北=が、11月21日にオンライン開催された「2020年度気候変動アクション環境大臣表彰」を受賞した。

 表彰は環境省による地球温暖化対策の一環として1998年に始まった。顕著な功績のあった個人や団体への褒賞として実施し、23回目の今年から表彰名がリニューアルされた。

 表彰の対象は【1】開発・製品化部門【2】先進導入・積極実践部門【3】普及・促進部門―の3部門。今年度は応募総数164件から合わせて41件が表彰された。

 鳥居さんは普及・促進部門の27組の受賞者に選ばれた。受賞者はコニカミノルタや佐川急便など大手企業や団体などが占める中、個人での表彰は鳥居さんを含む全国で2人だった。

エコの先駆け

 綾瀬市内で息子さん夫婦と暮らす鳥居さんは、1931年、台湾生まれ。戦争中はB29による空爆から逃れるなど戦禍をくぐり抜けた。

 戦後は東京の女学校に通い、台湾で学んだ広東語や英語を活かし、虎ノ門の米国大使館に勤務。結婚、出産、子育てを経て、有機農法を取材するフリーライターとして活動を始めた。55歳のときだった。

 この年に訪れた米国カリフォルニアで箱型の「ソーラーオーブン」を見て「すぐにとりこになった」。

 オーガニックに関する著書も2冊刊行されるなど、近年の健康志向の先駆けとなるなか、2005年に普及母体の日本ソーラークッキング協会を設立した。

 昨年まではバイクに乗り各地に足を運んでいたが、今は自宅での生活を楽しむ。その中心にあるのが愛用のソーラークッカーで、晴れた日は毎日ベランダで調理する。

 「お金をかけずに楽しくできるソーラークッカをもっともっと広げたい。電気やガスよりも美味しく作れる。『サンシャイン・マダム』として、まだまだ頑張る。コロナがあって賞状は自宅に送られてきたの。小泉さんと会ってみたかったのに少し残念ね」と受賞を喜んだ。

 ソーラークッカーは、数百円の材料費でできるものもある。燃料不要の調理方法で災害時にも役立つという。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

稲刈りで交流

稲刈りで交流 社会

海老名市の大谷地区

11月26日号

南関東で準優勝

南関東で準優勝 スポーツ

海老名リトルシニア

11月26日号

全国の舞台へ

マーチングバンド

全国の舞台へ 社会

綾瀬、座間から出場

11月26日号

リニューアル記念イベント

パイレーツが三冠

パイレーツが三冠 スポーツ

座間市少年野球

11月26日号

座間駅前でキッズ・フェス

【Web限定記事】一足早いクリスマスイベント開催

座間駅前でキッズ・フェス 文化

親子連れなどでにぎわう

11月26日号

綾瀬スマートIC近く家族葬式場

寛ぎの1日1組貸し切り家族葬式場「ゆかりえ」

https://www.fujimishikiten.co.jp/

あやせ名産品のご案内

神奈川県綾瀬市の名産品店5店舗を紹介しています

https://www.city.ayase.kanagawa.jp/hp/page000031400/hpg000031386.htm

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

至高の休日スタイル

自然素材と本物であることにこだわり、お客様の価値観を仕立てる工務店

https://kato-koumuten.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook