海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2021年1月22日号 エリアトップへ

2020救急件数 各地で出動減 年明けからコロナ搬送急増

社会

掲載号:2021年1月22日号

  • LINE
  • hatena

 海老名市消防本部はこのほど、2020年の「災害概要(速報値)」を発表した。年間の救急出動件数は前年比14・1%減でこれまでの増加傾向から一転して減少した。本紙発行の座間市と綾瀬市でも同様の傾向で、コロナ禍の影響があったとみられる。

 海老名市によると2020年の救急出動件数は6366件で前年よりも1047件少なかった。内訳は、全体の65%を占める「急病」が4111件(前年比673件減)、「一般負傷」が16%で1048件(前年比172件減)、「交通事故」は7%で432件(前年比104件減)だった。

 搬送人員の5902人も前年比1018人減。入院を必要としない「軽症者」は2777人で全体の47%を占めた。

 新型コロナウイルス感染症の救急搬送件数についても公表。疑いも含めて52件あったという。このうち陽性者の転院搬送が21件、自宅からの搬送も2件あった。感染の疑いがあるなかでの搬送は29件だった。

 海老名市消防は「前年と比べて1000件以上減少したのは過去10年間で初めて。コロナ禍での外出自粛や医療機関の受診控えなどの要因が考えられる。受診控えが重症化につながる恐れもあるので必要な際には救急要請をちゅうちょしないよう周知したい」とコメントしている。

 救急出動の件数では、座間市も前年比13・8%減の5924件、綾瀬市は12・1%減の3809件だった。

 海老名市では1月1日から19日までの新型コロナの陽性者の搬送が26件、綾瀬市では20日までに17件でともに急増している。座間市は「精査中」とした。

お葬式から樹木葬まで

地域で30年以上。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

3月31日開通へ

東名高速道路綾瀬スマートIC

3月31日開通へ 経済

東京、名古屋、圏央道も身近に

2月26日号

商店会がバス運行

買物弱者支援

商店会がバス運行 経済

県補助受け車両購入

2月26日号

苦渋にじむ現実路線

座間市当初予算案

苦渋にじむ現実路線 政治

自己採点は「50点」

2月19日号

利用期間延長へ

座間市商品券

利用期間延長へ 政治

追加経費1,100万円、専決処分

2月12日号

座間はLINEでも

ワクチン接種予約

座間はLINEでも 社会

24時間受付可能

2月12日号

センバツ出場決定

東海大相模

センバツ出場決定 スポーツ

2年連続12回目

2月12日号

海老名総合病院で働きませんか

未経験OK、夜勤出来る方歓迎。2/6、3/13にお仕事説明会

https://job.jinai.jp/recruit/rec_facilities/kanagawaken/ebinashi/ebina/

全国展開だから安心査定

ただいま査定額30%アップ実施中です。

http://r-hibarigaoka.otakaraya.net/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 2月13日11:51更新

  • 2月12日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク