神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

栗原神社 紅白の錦鯉、七五三に華 加藤さんが鑑賞用に寄贈

文化

公開:2023年11月4日

  • X
  • LINE
  • hatena
境内の池で鯉に餌をやる加藤さん夫妻(右)
境内の池で鯉に餌をやる加藤さん夫妻(右)

 座間市の栗原神社にこのほど、赤や白の錦鯉12匹が寄贈された。本殿前の池は幅約5メートル、深さ60センチほどで地下8メートルからくみ上げられた地下水を豊富にたたえている。関係者をまとめる大矢一則総代長は「七五三のお参りが華やかになり嬉しい」と喜びを語っている。

 錦鯉は、自営業で神社がある栗原中央に住む加藤重光さん(80)正枝さん(81)夫妻が観賞用に自宅で飼っていたもの。15年ほど前、自宅の敷地に池を作った際に全長10センチほどの幼魚を放ち、以来、餌やりと掃除が日課のひとつとなっていた。自宅の扉を開けると近寄ってくる鯉には愛着もわいていたが、かねてから「としもとったので貰い手があれば」と考えていたという。

 そんななか栗原神社の大矢総代長が、稼業の畳替えで加藤さん宅を訪れた際にたまたま池を泳ぐ錦鯉の話になり、「それならば」と神社の池で飼うことを提案した。加藤さんも、「神社がもらってくれるなら、多くの人に可愛がってもらえるのでは」と、鯉丸ごと12匹の寄付を申し出た。

 神社では今月5日と12日に七五三の祈祷を予定していて、大矢総代長は「今までも鯉はいたが、赤や白はいなかった。鮮やかで明るい気持ちになる。参拝したこどもたちに餌やりをさせてあげたい」と目尻を下げていた。加藤さんの妻で一緒に錦鯉の世話をしてきた正枝さんは「人懐っこい鯉だからたくさんの人に見てもらえて喜ぶと思う」と話していた。

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

週末見ごろさくら祭り

週末見ごろさくら祭り

3日中野公園で

2月24日

発足1年で関東大会へ

座間市

発足1年で関東大会へ

中学野球クラブチーム

2月23日

阿部選手、3日に世界戦

ボクシング

阿部選手、3日に世界戦

綾瀬市在住、30歳で初

2月23日

日ごろの鍛錬 成果競う

【Web限定記事】県央えびな剣道大会

日ごろの鍛錬 成果競う

小学生237人が真剣勝負

2月23日

ご当地キャラが人気

<オリジナル防災ボトル>

ご当地キャラが人気

自治会・団体のおまとめ向け

2月23日

「子の性別決め付けないで」

「子の性別決め付けないで」

支援団体「SHIP」星野慎二さん

2月23日

家族葬専用式場「ゆかりえ」

1日1組貸し切り。樹木葬と家族葬専用式場。海老名、綾瀬に。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

在宅歯科医療地域連携室

通院が困難な方へ向けた相談窓口を開設しています。

https://ebishika.org/

海老名市柏ヶ谷の銭湯

高濃度炭酸泉やサウナで日頃の疲れを癒しませんか?

https://www.ousama2603.com/shop/ebina/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月23日0:00更新

  • 2月9日0:00更新

  • 2月2日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook