神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

座間市 よみがえる大凧の歴史 AIで写真はすべてカラー化

文化

公開:2024年6月7日

  • X
  • LINE
  • hatena
写真集の編集を手がけた鈴木代表(左)と座間市大凧保存会の近藤会長
写真集の編集を手がけた鈴木代表(左)と座間市大凧保存会の近藤会長

 座間市の郷土史研究グループ「湘東歴史文化研究会」(鈴木義範代表)がこのほど、写真集「よみがえる座間I 座間の大凧」を発刊した。人工知能(AI)の活用で明治期からの白黒写真をカラー化し、およそ200年前から始まったとされる大凧の歴史を一冊にまとめた。

 写真集は、2020年に発足55年を迎えた座間市大凧保存会(近藤昭夫会長)の周年記念として編集された。全7章構成で131ページに、271枚の写真を収録した。

 鈴木代表は元市職員で、現役時代は主に市史編さんを担当。市内を回って古文書や古い写真を資料として収集しており、写真集には市所蔵や同保存会、個人で所有する写真を使用した。

 人口知能(AI)を活用したカラー化は、鈴木さんのアイデアによるもの。原爆投下前後の広島や長崎のまちの様子をカラー化で収録した写真集を見たことがきっかけ。「臨場感が伝わり、景色が浮かんでくる」とAIの活用を決めた。

移り変わり紹介

 座間の大凧は、子どもの誕生と成長を祝う「祝い凧」として始まった。祝い凧は、高くあがるほど縁起がよいことから、次第に大きくなったと言われている。

 写真集には凧の大きさを記録した日誌も収録。1878(明治10)年には、現在と同等サイズの大凧が掲揚されていたことを示す「六間(11メートル)位大凧出来」と記されている。

 その年の世情を表す漢字2文字を、赤と緑で文字書きするのも特徴。日清戦争や第1次世界大戦、太平洋戦争が行われた明治期から昭和初期の戦時中は「丸勝」「倭魂」「必勝」など軍事色が強く、戦後には国民の願いであった「復興」が選ばれたことも。小田急線が全線開通した1927(昭和2)年は小田急のマークを赤、祝の文字を緑で書くなど時代の移り変わりも紹介している。

 写真集について鈴木代表は「大勢の皆さんの協力でようやく発刊できた」と話し、同保存会の近藤会長は「大凧の歴史を通じて、子どもたちの郷土愛を育むきっかけにもなる」と喜んだ。

 写真集は、同市観光協会で販売している。価格は1部2500円。(問)【電話】046・205・6515へ。

海老名創業塾

そうだ!海老名で創業しよう。海老名にはチャンスが広がっています!

http://ouentai.ecci.or.jp/?p=2721

緑のある暮らしをサポート

剪定・刈込・伐採など植木のお手入れ承ります!

https://ueki-ya.com/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

橘川氏、新人4氏の争い制す

綾瀬市長選挙

橘川氏、新人4氏の争い制す

下馬評覆し、組織力で初当選

7月12日

暑さ避ける対策を

熱中症

暑さ避ける対策を

昨年は7月末にかけ急増

7月12日

タイ古式で世界準V

海老名市在住柴田佳穂さん

タイ古式で世界準V

技術と表現力が評価

7月5日

戦前の道づくり図面展示

戦前の道づくり図面展示

旧座間村の「加藤家文書」

7月5日

ニューヨークで作品展示

ニューヨークで作品展示

座間の高木章江さん

6月28日

一時避難に施設提供

ウエインズトヨタ神奈川

一時避難に施設提供

海老名市と協定

6月28日

新しいお墓のカタチ

永代供養墓「博愛の絆」税込19万円~ 問い合わせは0120-70-2504

http://www.saint-sophia.com/ayase/

蓮の花の下で眠る 樹木葬型永代供養付ファミリー

「ファミリー」税込33万円~ 問い合わせは0120-70-2504

http://www.saint-sophia.com/ayase/

至高の休日スタイル 

綾瀬市綾西5丁目 現地見学会開催中

https://kato-koumuten.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook