鎌倉版 掲載号:2020年4月3日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき 〈第82回〉 鎌倉と御家人〜茂木氏〜

掲載号:2020年4月3日号

  • LINE
  • hatena
茂木城跡から市街地を望む景色
茂木城跡から市街地を望む景色

 源頼朝が鎌倉に武家政権を樹立すると、御家人達が集住し、やがて各地の所領と関係を深めていった。今回取り上げる茂木氏も鎌倉に勤仕していた一御家人である。

 茂木氏は、鎌倉幕府創成期の有力御家人八田知家の子・三郎知基を祖とする。知基は父より下野国(現在の栃木県)の茂木郷を譲り受け、桔梗城(今の茂木城跡)を築いたといわれる。また武芸に優れ、「吾妻鏡」の建久6年(1195年)8月16日条に、鶴岡八幡宮で行われた流鏑馬において、頼朝から16人中11番目の射手に選ばれたと記録されている。さらに承久3年(1221年)に勃発した承久の乱でも活躍し紀伊国賀太庄(現在の和歌山加太)を与えられた。下野国茂木郷は代々子孫に相伝され、茂木氏が残した茂木文書には、茂木郷の所領を鎌倉幕府が安堵した正嘉2年(1258年)12月2日付け、宗尊親王の将軍家政所下文が伝わっている。茂木氏による茂木郷の統治は、鎌倉時代から戦国時代の終わりまで400年に及ぶ。これほど長期にわたる支配は全国的に見ても珍しい。地域を守り抜いた御家人だといえる。

 茂木氏ゆかりの茂木町は、城跡を中心とした市街地が広がり歴史的な風情を今に伝える。鎌倉時代にはじまる各地とのつながりもまた歴史の魅力である。

浮田定則
 

鎌倉版のコラム最新6

鳩が舞い降りる街

鎌倉のとっておき 〈第100回〉

鳩が舞い降りる街

11月20日号

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

鎌倉のとっておき 〈第99回〉

源氏の御曹司(おんぞうし)に仕えて

10月30日号

日本の製紙産業への功績跡

鎌倉のとっておき 〈第98回〉

日本の製紙産業への功績跡

10月23日号

鎌倉の民謡あれこれ

鎌倉のとっておき 〈第97回〉

鎌倉の民謡あれこれ

10月16日号

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

鎌倉のとっておき 〈第96回〉

鎌倉と御家人〜相馬氏〜

10月9日号

江ノ電の車窓から

鎌倉のとっておき 〈第95回〉

江ノ電の車窓から

9月18日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク