鶴見区版 掲載号:2016年11月17日号

旧国鉄鶴見事故

現場の地元 初の慰霊祭 社会

岸四自治会 「悲劇語り継ぐ」

供養塔に手を合わせる住民
供養塔に手を合わせる住民
 鶴見駅と新子安駅間の滝坂踏切付近で発生し、161人が犠牲となった1963年の鶴見事故。戦後最悪ともされる鉄道事故を風化させまいと、現場付近にある供養塔で発生日の9日、岸谷第四自治会(持丸留久会長)が、はじめて慰霊祭を行った。「月日は供養塔を記念モニュメントに変えた。伝えていくことが地元の役割」と持丸会長は企画の意図を話す。

 鶴見事故は、1963年11月9日午後9時40分ごろ、東海道本線で脱線した下り貨物列車に、横須賀線の上下旅客列車が衝突した多重事故。

 発生現場付近、岸谷1丁目の線路沿いに建つ「国鉄鶴見事故遭難者供養之塔」は、遺族らにより建立された。現在は、JRと一部遺族が、慰霊碑のある總持寺で毎年同日に慰霊祭を行ったあと、献花に訪れるほか、JR職員が年4回ほど清掃しているという。

記憶の風化とめる

 事故後すぐは、自治会でも供養してきたが、住民の入れ替わりもあり、いつしかそれも途絶えてしまった。

 「発生から53年。昔から住んでいる人たち以外は、事故のことはもちろん、供養塔があることすら知らない人が多くなった」と持丸会長。地元も知らない無縁仏にせず、悲劇を後世に伝えようと、関係者以外では珍しい、地元主催の慰霊祭実施にいたった。

 当日は、地元住民ら約30人が出席。知人が犠牲となったという神奈川区在住の男性の姿もあった。住民らは、時折目の前を列車が走る中、供養塔に花を供え、犠牲者の冥福を祈った。

命の大切さ 子や孫へ

 発生当時から住む人たちの中には、悲惨な現場を目の当たりにしたり、救助活動を手伝ったりした人も少なくない。

 当時、生麦側に住んでいたという村本栄子さん(78)は、最初の脱線に気づき、衝突する瞬間を目撃した。「ものすごい音で、怖さでふるえた」と振り返る。

 乗客3人と共に救助にあたった眞生田一昭さん(74)は「何人か運び、足がない人もいた。朝方、明るくなって気づくと服が血だらけだった」と壮絶さを語る。

 慰霊祭当日、眞生田さんが事故翌朝に撮ったという8ミリフィルムの上映もあった。映像には、傾く車両のそばで国鉄職員や報道陣、やじ馬がごった返す現場の様子や、開通後に列車の乗客から花が投げられる様子などが映っていた。

 「悲しい事故があったことを通し、命の大切さを子どもや孫の世代にも伝えたい」と持丸会長。今後も継続していく考えだ。

鶴見区版のトップニュース最新6件

叙勲・褒章に区内5人

90周年で一体感高める

全区で若者支援始まる

横浜市ひきこもり対策

全区で若者支援始まる

5月11日号

自転車事故多発地域に

新施設7月14日に開業

京急鶴見駅

新施設7月14日に開業

5月4日号

フレックス勤務を試行

横浜市

フレックス勤務を試行

5月4日号

5/24家族葬じっくり相談会

家族葬から一般葬儀まで費用や内容について、ご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

鶴見区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/