神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2014年2月20日 エリアトップへ

「横浜・女性起業家応援プロジェクト」を開発した「明日の(株)」社長 村尾周三江(すみえ)さん 青葉区在住 43歳

公開:2014年2月20日

  • LINE
  • hatena

「女性らしく」志持ち働く

 ○…女性が開発した優れた商品を県が認定する「神奈川なでしこブランド」に、自社商品が区内で唯一認定された。「応援してくださる方の勧めで応募したが、認定されるとは思わなかった」と驚く。時短や在宅勤務の女性社員を中心に、女性起業家を支援する商品をつくった。「パワフルな女性の雇用創出に貢献したい」

 ○…鳥取県出身。小さいころから小説や漫画が好きで、「本があればいくらでも読み続けていた」。歴史研究に携わる父の影響もあり、図書館司書か考古学者が夢だった。小学6年生の時、緑区の長津田に。田奈中学校、霧が丘高校を経て、卒業後はしらとり台で歯科助手として働き始めた。その後「改めて勉強したいと思って」と21歳のとき、玉川大学の通信制に入学。図書館司書の資格を取ったが、「図書館の数が少なく、司書にはなれなかった」と笑い飛ばす。

 ○…大学卒業後はさまざまな職種を経験。ベーカリーカフェの企画部時代は、中国で店舗立ち上げ責任者に。3年間の単身赴任で、「中国語で日常会話くらいならできる」。帰国後は、「インターネット会社が全盛で面白そうだから」と楽天(株)に入社。毎月70店ものネットショップを担当し、売上の最優秀賞を受賞したこともあるキャリアウーマンだ。

 ○…ウェブサイトの製作などを請け負う「明日の(株)」を2008年に設立。「支援制度があるのに、女性が出産や育児を機に会社を辞めてしまう」。その現場を見てきた経験から、時短や在宅勤務など一人ひとりに合わせた働き方を提案し、女性が働きやすい職場を実現した。「辞めてしまった人の中にも、優秀な人がたくさんいる。女性が女性らしく働けるようにしたかった」。仕事は「志事」であり、会社に仕えるのではなく志を持ち働くことだという。「自分で仕事をつくり、何かをなすことが大切。女性自身も変わっていかないと」。今日も、一人でも多くの働く女性を応援していく。

啓進塾 新入塾を募集

なぜ中学受験する? 中学受験専門塾・啓進塾 入塾説明会など開催

https://www.keisin.com

一緒に働いてくれる仲間(3職種)を募集中

正規職員、預かり保育専任、送迎バス添乗員

https://www.naga-you.jp/pages/6/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6

冨樫 剛一さん

2月1日から横浜F・マリノスユースの監督を務める

冨樫 剛一さん

すすき野出身 52歳

2月29日

岡﨑 萌々(もも)さん

第78回市町村対抗かながわ駅伝に横浜市代表として出場し、優勝に貢献した

岡﨑 萌々(もも)さん

青葉区在住 16歳

2月22日

家田 昌利さん

能登半島地震の緊急消防援助隊神奈川県大隊の第二次派遣で大隊長を務めた

家田 昌利さん

相模原市南区在住 59歳

2月8日

金子 拓也さん

能登半島地震の復興支援フリーマーケットを鴨志田町で開催する

金子 拓也さん

美しが丘在住 53歳

2月1日

吉井 雅楽浜(ウタハマ)さん(本名:吉井千里)

昨年末、青葉区三曲協会の会長に就任した

吉井 雅楽浜(ウタハマ)さん(本名:吉井千里)

田奈町在住 66歳

1月18日

萩原 幸雄さん

第73代(一社)横浜青年会議所の理事長に就任した

萩原 幸雄さん

栄区在住 39歳

1月11日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 1月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第42回「そうだったんだネ」と共感

    2月29日

  • 目のお悩みQ&A

    コラム㊹専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『緑内障の気があると言われましたが、どういうことでしょうか?』

    2月22日

  • 教えて!職人さん

    教えて!職人さん

    vol.8 なぜ塗装業者選びに悩むの?

    2月22日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年3月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook