神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2015年10月15日 エリアトップへ

「『たまプラー座だよ!全員集合!』まちなかパフォーマンス プロジェクト」代表を務める 林 月子さん 美しが丘在住 52歳

公開:2015年10月15日

  • LINE
  • hatena

育ち合って感動づくり

 ○…たまプラーザ住民らによる集団演技「まちなかパフォーマンス」の発起人で、3回目の今年は11月28日に美しが丘公園で150人規模のフォークダンスを企画。民族ダンスから映像、楽器づくりまで、多様なプロジェクトの協力者と住民をまとめ、奔走する。「人がつながっている、いいまちにしたい。子どもたちが『たまプラ育ちなんだぜ』って自慢にできるように」

 ○…結婚後、20代で美しが丘に移り住んだ。「ダンスの先生かと聞かれることもあるけど、ただの主婦」と笑うが、2本の縄跳びを跳ぶ、小中学生の地域クラブ「美しが丘ダブルダッチクラブ」創設者の顔も持つ。14年前、同競技を行う青年との偶然の出会いから「地域の子たちでやりたい」と、指導に来てくれる学生と地域をつないできた。子どもの成長に加え「時には学生とぶつかり合いながらも、学生は指導者として育ち、運営する保護者自身も成長していった」と感じた。

 ○…ダブルダッチ等の経験から、気付かないうちに地域の愛着が高まっていた3年前、まちづくりのワークショップに参加し、公共の場で突如パフォーマンスを行う、フラッシュモブの地域開催を思い付いた。だが企画書作成から人集めまで必要な大規模な構想に「主婦なんだから無理」と言われたことも。それでも「千人以上の住民アンケートから始めた。地域の人が開催を望んでいると分かったことで、後押しされた」。諦めない姿を見た協力者が次第に増えていった。「終わってからも『この地域のつながりを続けたい』と皆が思ってくれて。嬉しかった」

○…大学生の娘と息子、高校生の息子の母。普段は家族や友人とのピクニックや散歩が趣味という穏やかな生活を送る一方、プロジェクトでは、町おこしを目指す青森県七戸町との交流も始まっている。人同士の「育ち合い」をまち同士に広げることが今後の目標だ。「大変だからこそ感動が生まれる。その感動が好き」

青葉区版の人物風土記最新6

倉島 ひとみさん

青葉区食生活等改善推進員会(愛称・ヘルスメイト)の会長を務める

倉島 ひとみさん

黒須田在住 58歳

6月20日

吉村 望さん

小学生女子サッカーチーム「FCすすき野レディース」の代表を卒団する

吉村 望さん

すすき野在住 75歳

6月13日

斉藤 秀樹さん

青葉台連合自治会の会長に就任した

斉藤 秀樹さん

若草台在住 84歳

6月6日

川本 泰之さん

6月1日、2日に行われる第43回横浜開港祭実行委員会の委員長を務める

川本 泰之さん

中区在住 35歳

5月23日

岩田 武司さん

4月1日に2024年度神奈川県弁護士会の会長に就任した

岩田 武司さん

中区山手町在住 57歳

5月16日

綱河 功さん

青葉土木事務所の所長に着任した

綱河 功さん

横須賀市在住 58歳

5月9日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「白内障や緑内障以外で60代以降に多い目の病気」 コラム【35】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    6月13日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook