神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2015年11月5日 エリアトップへ

リニューアルした鉄小学校郷土資料館の責任者を務める 宮原 泉さん 大場町在住 54歳

公開:2015年11月5日

  • LINE
  • hatena

自ら楽しみ、人をつなげる

 ○…鉄小のPTA会長を務めていた5年前、校長(当時)の「学校と地域の連携を深めたい」との提案をきっかけに、市民団体「くろがね倶楽部」を発足。ボランティアで郷土資料館や市民図書室の管理、運営を担っている。住民が子どもたちに展示している農機具の使い方を教える体験教室などを企画中だ。「実際に触れることで、昔の生活を体感してほしい」

 ○…ボランティア活動を始めたきっかけは、自宅のリフォーム。理想の家、生活を思い描く中で「庭いじりをしているとき、子どもたちに気軽にあいさつしてもらいたい」と考えた。「そのためにも子どもたちに顔を覚えてもらおう」と、青葉区の学校支援ボランティアに加入したのが約10年前。以来、学校と地域住民をつなぐ役割を果たしつつ、郷土史の手作り紙芝居を読み聞かせるボランティアなどに携わる。「歴史や文化を知ることで、今の生活がより楽しくなる」

 ○…自身を「凝りだすととことん凝る性格」と評する。趣味のガーデニングでは、ハーブの品種を一つひとつ調べて生育後の高さや色を計算し、接する部屋との相性などを考えて庭全体をコーディネートした。夫や3人の子どもたちは興味を示さないが「勝手にやらせてくれればそれでいい」と笑顔をみせる。夫も数年後の定年退職を見据え、地域活動への参加を検討中。歴史関係など、興味がある分野に共通点は多いが「違う活動もしてくれたらなって。家でお互いに共有できるから」と心待ちにする。

 ○…いくつかのボランティア活動に参加している理由は「自分にいろんな役割があるのが楽しいから」。ただし、いくつもの役職を一人で抱え込みすぎないように、配慮も忘れない。「取り組みを持続していくためには、新しい人たちに引き継いでいかなければ」。人が集まりやすい郷土資料館という場を利用し、地域の未来のためにさまざまな立場や年代の人をつなげていく。

青葉区版の人物風土記最新6

倉島 ひとみさん

青葉区食生活等改善推進員会(愛称・ヘルスメイト)の会長を務める

倉島 ひとみさん

黒須田在住 58歳

6月20日

吉村 望さん

小学生女子サッカーチーム「FCすすき野レディース」の代表を卒団する

吉村 望さん

すすき野在住 75歳

6月13日

斉藤 秀樹さん

青葉台連合自治会の会長に就任した

斉藤 秀樹さん

若草台在住 84歳

6月6日

川本 泰之さん

6月1日、2日に行われる第43回横浜開港祭実行委員会の委員長を務める

川本 泰之さん

中区在住 35歳

5月23日

岩田 武司さん

4月1日に2024年度神奈川県弁護士会の会長に就任した

岩田 武司さん

中区山手町在住 57歳

5月16日

綱河 功さん

青葉土木事務所の所長に着任した

綱河 功さん

横須賀市在住 58歳

5月9日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「白内障や緑内障以外で60代以降に多い目の病気」 コラム【35】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    6月13日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook