神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2015年11月12日 エリアトップへ

「たまプラーザ テラス」の総支配人に先月就任した 石川 哲也さん 荏田西在住 54歳

公開:2015年11月12日

  • LINE
  • hatena

まちに寄り添い、共に歩む

 ○…現施設の前身「たまプラーザ東急SC(ショッピングセンター)」の総支配人から、みなとみらい勤務を経て、約8年ぶりに帰ってきた。「当時に比べると店舗数や敷地面積、売上も百貨店を含めて倍以上に増えた。光栄だが重責で身が引き締まる思い」。全館開業から5周年を迎え、約140店舗を持つグループ最大級の商業施設の指揮官として、新たなスタートを切る。

 ○…大田区で生まれ、後に鎌倉へ。中学は陸上部、高校では柔道部で汗を流した。大学時代、自宅で買い物ができる仕組み「ホームショッピング」に思いをはせ、「それを実現できるのはここかなと思った」と、東急百貨店に就職。日本橋や町田のほか、タイのバンコクなど海外赴任も経験した。38歳で出向を経て転籍し、たまプラテラスを運営する現・(株)東急モールズデベロップメントへ。十数年前には青葉台東急スクエアでも勤務。特別な縁を感じる青葉区で、「イベントやお祭りが盛んなので、まち全体で共有して一緒に成長したい」と瞳を輝かせる。

 ○…田園都市線沿線の中でも、人口や駅の乗降者数が増加するまちだからこそ、「たまプラテラスは地元からの期待が大きい」と語気を強める。前身のSC勤務時代、新年の売り出しをしたときのこと。当時ブームだった福袋を用意したところ、開店前から屋外に大行列ができ、一般の来店客も巻き込んでしまいクレームを受けた。「お客様からその場で直接お叱りの言葉をいただいた」。後に入り口を増やし、開店時間を早めるなど運営面で改善が進められた。「どれだけきめ細かくお応えできるか」。日々寄せられるさまざまな意見に、一つずつ真摯に向き合う。

 ○…青葉区に住んで5年目だが、たまプラテラスは以前から常連客だ。今は妻と4歳の娘を連れて、子ども向けの店舗によく足を運ぶ。休日はゴルフを楽しみ、練習場に行くのも娘と一緒。「いつか一緒にコースを回れたら」と白い歯を見せた。

青葉区版の人物風土記最新6

倉島 ひとみさん

青葉区食生活等改善推進員会(愛称・ヘルスメイト)の会長を務める

倉島 ひとみさん

黒須田在住 58歳

6月20日

吉村 望さん

小学生女子サッカーチーム「FCすすき野レディース」の代表を卒団する

吉村 望さん

すすき野在住 75歳

6月13日

斉藤 秀樹さん

青葉台連合自治会の会長に就任した

斉藤 秀樹さん

若草台在住 84歳

6月6日

川本 泰之さん

6月1日、2日に行われる第43回横浜開港祭実行委員会の委員長を務める

川本 泰之さん

中区在住 35歳

5月23日

岩田 武司さん

4月1日に2024年度神奈川県弁護士会の会長に就任した

岩田 武司さん

中区山手町在住 57歳

5月16日

綱河 功さん

青葉土木事務所の所長に着任した

綱河 功さん

横須賀市在住 58歳

5月9日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「白内障や緑内障以外で60代以降に多い目の病気」 コラム【35】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    6月13日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook