神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2016年1月1日 エリアトップへ

開通50周年(溝の口〜長津田間)を今春迎える東急田園都市線沿線の開発に尽力した 西山 克彦さん 市ヶ尾町在住 79歳

公開:2016年1月1日

  • LINE
  • hatena

心通わせ、未来を拓く

 ○…「田園都市の開発は、地域住民、行政、東急の三者の思いがピタッと合ったことが発端だった」。1953年に始まった東急電鉄の多摩田園都市の開発事業を、入社以来担当。直接交渉した地主は500人にもなる。開発について「農村だった時代、路線を敷き、まちをつくる決断をした昔からの地主さんの貢献が一番大きかった」と静かに語る。

 ○…南満州鉄道の技術者だった父と母の間に旧満州国で生まれ、小学生のとき日本に移住。スケートをしてよく遊んだ当時の思い出は広い道路や大きな公園のある風景だ。「日本人の都市計画で造られた大規模なまちに興味が湧いて。だから東急に入社できて嬉しかったね」と振り返る。仲間に「本当に好きだな」と言われるほど仕事に没頭した。

 ○…当時の主な仕事は地主から土地を買収かつ提供してもらう交渉をすること。藤が丘や市ヶ尾を担当したのは、まだ鉄道開通前の時代だった。山と畑に囲まれたこの地で「いずれよいまちになる」と将来のイメージを伝えるのは容易でなかった。それでも同社の開発の歴史から、必ず「いいまちになる」自信があった。地主が農作業を終える夜になると、勤め先の渋谷から毎日通った。「真剣だったし、裏切りたくない」。30歳以上年上の地主たちに話を聞き相談するうち、次第に気心の知れた間柄に。「あなたがずっとこの仕事をしてくれるなら、協力するよ」。地主からもらった言葉を胸に半世紀、開発に携わり続けた。

 ○…妻と2人暮らしの今、働きづめだった現役時代の分を「恩返ししないとね」と、買い物や炊事をこなし、現在障害のある妻を支える。今やるべきことは、まちがつくられた歴史を次世代に伝えることだと、青葉区内の小学校で話すことも多い。「熱心に聞いてくれるから楽しいね。こんなまちにしたいという思いを持ってもらえたら。30年先の未来まで、まちがつながっていくように」

青葉区版の人物風土記最新6

吉村 望さん

小学生女子サッカーチーム「FCすすき野レディース」の代表を卒団する

吉村 望さん

すすき野在住 75歳

6月13日

斉藤 秀樹さん

青葉台連合自治会の会長に就任した

斉藤 秀樹さん

若草台在住 84歳

6月6日

川本 泰之さん

6月1日、2日に行われる第43回横浜開港祭実行委員会の委員長を務める

川本 泰之さん

中区在住 35歳

5月23日

岩田 武司さん

4月1日に2024年度神奈川県弁護士会の会長に就任した

岩田 武司さん

中区山手町在住 57歳

5月16日

綱河 功さん

青葉土木事務所の所長に着任した

綱河 功さん

横須賀市在住 58歳

5月9日

浅原 誠治さん

4月1日にオープンした多目的アリーナ「横浜BUNTAI」の館長に就任した

浅原 誠治さん

中区在勤 52歳

5月2日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「白内障や緑内障以外で60代以降に多い目の病気」 コラム【35】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    6月13日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook