青葉区版 掲載号:2017年5月25日号 エリアトップへ

桐蔭学園中学校・高等学校、中等教育学校の校長に就任した 岡田 直哉さん 藤沢市在住 51歳

掲載号:2017年5月25日号

  • LINE
  • hatena

情熱持って変革進める

 ○…「桐蔭マインドは『変わらないこと』ではなく、『変わること』」。男女共学化や中・高、中等の再編成など、来年度、再来年度で大きく体制を変える桐蔭学園において変革の舵取りを担う。「50年積み重ねてきた伝統を生かし、次の50年を見据え新しい流れを作りたい」。私学のフロントランナーとしての矜持をにじませる。

 ○…保土ケ谷区出身。小学生の時に綾瀬市に移り、中学から桐蔭へ。入学後は吹奏楽部に所属し、パーカッションを担当。部長を務め、甲子園で演奏したことも。教員を目指したのは大学時代。「授業は厳しいんだけど、愛情があった」。桐蔭の恩師に対する憧れと母校への思いが教員の道へと歩ませた。自身はおとなしい学生だったと振り返るが、教員となり、生徒と徹底的に向き合う日々が”熱血教師”へと育てていく。熱い思いは今も変わらず、4340人の生徒を抱える学校の校長でありながら、教壇に立ち続け、校舎内を歩いては生徒とあいさつを交わす。思いはシンプル。「1人ひとりの担任になりたい」

 ○…「待っているだけで生徒が集まる時代ではない」。成熟期を迎えた日本において、これからのキーワードはグローバル化や多様性。次の時代を見据えた教育改革として、主体性を持ち協働して学ぶ能力を育もうとアクティブラーニング型授業の導入を進めてきた。「新しい進学校の形を作りたい」と意欲を燃やす。

 ○…多忙な学校運営から離れれば優しい父親。日曜は子どもの野球チームでコーチを務める。今は趣味の音楽を楽しむ時間がないのが悩みだが、学園祭にはバンドメンバーとして出演する計画だ。公私ともにアクティブに過ごす毎日だが、改めて生徒に伝えたいのは「他人を敬う」「自分を高める」「夢を語れる情熱を持つ」の3つ。自身の夢を問うと「生徒が卒業する時に通って良かったな、社会に出た時に卒業して良かったな、と思ってくれること」。大きな笑顔で思いを語った。

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.komei.or.jp/km/gyota/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月1日号

鈴木 清一さん

奈良の丘小学校で農業指導を20年間続け、教育委員会表彰を受けた

鈴木 清一さん

恩田町在住 69歳

3月25日号

越田 美弥子さん

青葉区青少年指導員連絡協議会の会長として、2020年度の横浜市教育委員会表彰を受けた

越田 美弥子さん

すみよし台在住 67歳

3月18日号

李 誠雅(リ ソンア)さん

なでしこリーグ1部、日体大フィールズ横浜の新キャプテンを務める

李 誠雅(リ ソンア)さん

鴨志田町在住 21歳

3月11日号

上村 文次さん

10年間に渡り蝶を観察した記録をまとめ、「よこはまの蝶」を自費出版した

上村 文次さん

藤沢市在住 71歳

3月4日号

PORIN(ポリン)さん

Awesome City Club でボーカルを務める

PORIN(ポリン)さん

青葉区出身

2月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

クラシックギターの魅力

クラシックギターの魅力

17日にコンサートほか

4月17日~4月17日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter