青葉区版 掲載号:2020年10月1日号 エリアトップへ

陶磁器絵付師として横浜マイスターに選定された 大木 しのぶさん 美しが丘在住 52歳

掲載号:2020年10月1日号

  • LINE
  • hatena

手仕事の魅力広めて

 ○…動物の温かさ、生き生きとした動き、目の輝き。愛情を注がれているペット一匹一匹を思い、陶磁器上で魂を込めて筆を動かす。28年前、日本で例のないペット絵付け陶磁器専門アーティストとして活動を始め、新たな分野を確立。技術習得と制作を重ね、横浜マイスターに。「努力だけは誰にも負けまいとやってきた。認めてもらい嬉しい」と凛と語る。

 ○…秩父で生まれ、幼少から動物に囲まれて育った。動物好きだった父が飼っていた伝書鳩や鶏の世話の手伝いも当たり前。中でも好きなのが犬だった。大人になっても犬好きは変わらず「こんなに可愛い犬、何とか形に残したい」との思いが制作の原動力に。現在、ペットの飼い主から依頼を受けて作品の受注生産を行うほか、サロンで教室も主宰。洋食器の絵付けから有田焼の色絵・染付技法と幅広く作品を手掛け、指導する。

 ○…洋食器と言えば花や天使等の絵柄が主流でかつては犬を描くのはご法度も同然。結婚後、初めて憧れだった絵付けの門を叩いたが「飼い犬を描きたい」との情熱は受け入れられず、教室帰りに一人涙する日々。もっと技術があれば――。その思いで洋から和まで絵付けの技術保持者に師事を仰ぎ必死に技術を磨き続けた。区内作品展から銀座の画廊、三越の個展へと徐々に道なき道を開き約30年。今や陶磁器の動物画は多くの作家や大手メーカーも扱うほど。「何百年と残る陶磁器。いい加減な物は残せない。代々受け継がれる作品を魂込めて作ります」

 ○…趣味は陶芸に料理と、今も学びはやまない。「同じ料理でも、手作りの食器なら受け取る気持ちも違う。日常で使えるアートで、手作りは人の心を豊かにする力がある。ものづくりの喜びを広められたら」

青葉区版の人物風土記最新6

荒木田 百合さん

横浜市社会福祉協議会の会長に就任した

荒木田 百合さん

中区桜木町在勤 60歳

11月26日号

松信 健太郎さん

県内を中心に40店舗展開する(株)有隣堂の社長に就任した

松信 健太郎さん

港北区在住 47歳

11月19日号

渡部 健人さん

ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから1位で指名された

渡部 健人さん

旭区在住 21歳

11月12日号

松本 有理江さん

県立あおば支援学校の校歌の作詞・作曲を手掛けた

松本 有理江さん

柿の木台在住 

11月12日号

渡部 健人さん

ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから1位で指名された

渡部 健人さん

桐蔭横浜大学在学 21歳

11月5日号

六浦 勉さん

寺家ふるさと村四季の家でウェルカムセンター講師を務める

六浦 勉さん

藤沢市在住 74歳

10月29日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 青葉区の声をカタチに!

    念願の認知症疾患医療センター設置 市政報告

    青葉区の声をカタチに!

    公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

    11月19日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

専門家が語るコロナ対策

専門家が語るコロナ対策

青葉区役所で12月20日

12月20日~12月20日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第5回「急性緑内障発作を起こしやすいと言われ心配です」

    11月26日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第10回「お手伝いが生きる力の           基礎を養います」

    11月26日号

  • 20万8千筆の署名提出

    〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

    20万8千筆の署名提出

    11月19日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク