神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2020年10月1日 エリアトップへ

陶磁器絵付師として横浜マイスターに選定された 大木 しのぶさん 美しが丘在住 52歳

公開:2020年10月1日

  • X
  • LINE
  • hatena

手仕事の魅力広めて

 ○…動物の温かさ、生き生きとした動き、目の輝き。愛情を注がれているペット一匹一匹を思い、陶磁器上で魂を込めて筆を動かす。28年前、日本で例のないペット絵付け陶磁器専門アーティストとして活動を始め、新たな分野を確立。技術習得と制作を重ね、横浜マイスターに。「努力だけは誰にも負けまいとやってきた。認めてもらい嬉しい」と凛と語る。

 ○…秩父で生まれ、幼少から動物に囲まれて育った。動物好きだった父が飼っていた伝書鳩や鶏の世話の手伝いも当たり前。中でも好きなのが犬だった。大人になっても犬好きは変わらず「こんなに可愛い犬、何とか形に残したい」との思いが制作の原動力に。現在、ペットの飼い主から依頼を受けて作品の受注生産を行うほか、サロンで教室も主宰。洋食器の絵付けから有田焼の色絵・染付技法と幅広く作品を手掛け、指導する。

 ○…洋食器と言えば花や天使等の絵柄が主流でかつては犬を描くのはご法度も同然。結婚後、初めて憧れだった絵付けの門を叩いたが「飼い犬を描きたい」との情熱は受け入れられず、教室帰りに一人涙する日々。もっと技術があれば――。その思いで洋から和まで絵付けの技術保持者に師事を仰ぎ必死に技術を磨き続けた。区内作品展から銀座の画廊、三越の個展へと徐々に道なき道を開き約30年。今や陶磁器の動物画は多くの作家や大手メーカーも扱うほど。「何百年と残る陶磁器。いい加減な物は残せない。代々受け継がれる作品を魂込めて作ります」

 ○…趣味は陶芸に料理と、今も学びはやまない。「同じ料理でも、手作りの食器なら受け取る気持ちも違う。日常で使えるアートで、手作りは人の心を豊かにする力がある。ものづくりの喜びを広められたら」

青葉区版の人物風土記最新6

岡﨑 萌々(もも)さん

第78回市町村対抗かながわ駅伝に横浜市代表として出場し、優勝に貢献した

岡﨑 萌々(もも)さん

青葉区在住 16歳

2月22日

家田 昌利さん

能登半島地震の緊急消防援助隊神奈川県大隊の第二次派遣で大隊長を務めた

家田 昌利さん

相模原市南区在住 59歳

2月8日

金子 拓也さん

能登半島地震の復興支援フリーマーケットを鴨志田町で開催する

金子 拓也さん

美しが丘在住 53歳

2月1日

吉井 雅楽浜(ウタハマ)さん(本名:吉井千里)

昨年末、青葉区三曲協会の会長に就任した

吉井 雅楽浜(ウタハマ)さん(本名:吉井千里)

田奈町在住 66歳

1月18日

萩原 幸雄さん

第73代(一社)横浜青年会議所の理事長に就任した

萩原 幸雄さん

栄区在住 39歳

1月11日

守屋 義雄さん

公益社団法人 神奈川県歯科医師会の第23代会長を務める

守屋 義雄さん

港北区在住 65歳

1月4日

老人ホーム選びはプロにお任せ!

お客様に選ばれて25年以上。ご相談無料、年中無休。ご相談はフリーダイヤル0120-57-5950へ!

https://minkai.jp

買取おりづる横浜青葉店 買取強化キャンペーン

ブランド品、金・プラチナの買取金額30%アップ!切手最大90%で買取中!

https://oriduru-shop.jp/yokohama-aoba/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 1月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    コラム㊹専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『緑内障の気があると言われましたが、どういうことでしょうか?』

    2月22日

  • 教えて!職人さん

    教えて!職人さん

    vol.8 なぜ塗装業者選びに悩むの?

    2月22日

  • 実りに繋げる学校現場の実践

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉛

    実りに繋げる学校現場の実践

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    2月22日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook