神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2023年4月13日 エリアトップへ

4月28日、たまプラーザで行われる転倒予防運動のトレーナーを務める 石川 雅宗さん 多摩区在住 45歳

公開:2023年4月13日

  • X
  • LINE
  • hatena

出会いも健康の秘訣

 ○…たまプラーザ連合商店会がまちぐるみで初めて開催する「転倒予防と認知症予防フェスタ」で転倒予防運動のトレーナーを務める。高齢者が寝たきりとなる原因に転倒や骨折が多いことから「バランス能力を鍛える大切さを伝えたい」。家族との参加もOKで、運動を始めるきっかけづくりになればと腐心する。

 ○…石川県出身。小学生から大学までバスケ一筋。大学進学を機に上京し、大学生主体の大学リーグで日本一になったことも。とにかく「やってみる」という性格から数々のことに挑戦し、現在はフリーのパーソナルトレーナーや俳優としても活躍する多才ぶり。「何を始めるにも行動したもん勝ち」と飲食経験ゼロで多摩区にスタートしたタイ料理店も11年目を迎えた。失敗した数も多いと振り返るが、「行動したからこそ経験できたこと」と前向きだ。

 ○…10年ほど前にジムで指導していた一人の顧客から、地域の高齢者向けにトレーナー役を引き受けてくれないかと依頼され始めたのが転倒予防教室。音楽に合わせ、日常動作をベースに適度な負荷をかけ、楽しみながら体力作りを行う。「健康で過ごすためには毎回来てもらい、人と顔を合わせることが何よりの秘訣」。教室の回数は徐々に増え、現在までに180回を数える。今ではほぼ毎回参加している90歳の男性もいるのだとか。

 ○…大切にしているのが「野生に返る」こと。2人娘を持つ父親だが、子どもに比べて、身体を使わなくなり、年齢を重ねると衰えていくと実感するという。その考えから機械に頼らず身体一つで出来る指導を心掛け、普段の生活でも「なるべく不便な方法を選んでほしい」と伝える。「フェスタが自分の身体を見つめ直すきっかけになってくれたら」

青葉区版の人物風土記最新6

有澤 和歌子さん

著書『日本のアタリマエを変える学校たち』を7月12日に発売する

有澤 和歌子さん

柿の木台在住 61歳

7月11日

福嶋 隆太郎さん

5月に横浜建設業協会の会長に就任した

福嶋 隆太郎さん

戸塚区在住 55歳

7月4日

岡田 伸浩さん

(公財)横浜市観光協会の理事長を務める

岡田 伸浩さん

西区在勤 71歳

6月27日

倉島 ひとみさん

青葉区食生活等改善推進員会(愛称・ヘルスメイト)の会長を務める

倉島 ひとみさん

黒須田在住 58歳

6月20日

吉村 望さん

小学生女子サッカーチーム「FCすすき野レディース」の代表を卒団する

吉村 望さん

すすき野在住 75歳

6月13日

斉藤 秀樹さん

青葉台連合自治会の会長に就任した

斉藤 秀樹さん

若草台在住 84歳

6月6日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「まぶたがぴくぴく痙攣(けいれん)する」 コラム【36】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    7月11日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook