神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2024年6月6日 エリアトップへ

青葉台連合自治会の会長に就任した 斉藤 秀樹さん 若草台在住 84歳

公開:2024年6月6日

  • X
  • LINE
  • hatena

自分なりに自然体で

 ○...20年以上、青葉台連合自治会の会長を務めてきた山川英子氏の突然の逝去。そのわずか1週間後の総会で、人事に関して役員に一任することを議決。7人の役員で話し合った結果、同連合自治会で10年以上役員を歴任した経験を請われ、新たな旗振り役に推薦された。まさに「青天の霹靂」だったが、「誰かがやらなければならないなら、自分が引き受けるべきかなと。自分なりのことしかできませんけど」と穏やかにほほ笑む。

 ○...65歳で専門商社を退職後、「何をして生きていくか」を考えた時、初めて地域に目を向けた。「自宅近くの公園でお祭りをしていたことも知らなかった」と苦笑するが、持ち回りで若草台自治会の班長になると、合わせて副会長にも就任。67歳で会長になり、現在まで続けている。「地域に知り合いが増え、それぞれの性格も見えてくる。どうすれば街がより良くなるのか、学べるのが面白い」。今では祭りのポスターも自らが手掛けているそうだ。

 ○...若い頃から登山が趣味。高尾山や北岳など、2人の娘も交えてよく出かけた。定年後も海外旅行などを楽しんでいたが、妻に肺がんが見つかり療養生活に。一年以上の入院を経て帰らぬ人となった。「自治会活動を始めた際も一緒に寄り添い、心配しながら背中を押してくれた。感謝しかない」と懐かしむ。

 ○...クラシック好きで年間10回ほどコンサートに足を運ぶ。定年後には鎌倉彫も新たに始めた。「健康のためには体と頭に刺激を与えないとね」と笑う。いわく、自治会活動もその一環。特別なことをしている感覚はない。「周囲の協力がなければ何もできない。各自治会長が動きやすくなるよう、行政とのつなぎ役に努めていきたい」。大役にも自然体で臨む。

青葉区版の人物風土記最新6

倉島 ひとみさん

青葉区食生活等改善推進員会(愛称・ヘルスメイト)の会長を務める

倉島 ひとみさん

黒須田在住 58歳

6月20日

吉村 望さん

小学生女子サッカーチーム「FCすすき野レディース」の代表を卒団する

吉村 望さん

すすき野在住 75歳

6月13日

斉藤 秀樹さん

青葉台連合自治会の会長に就任した

斉藤 秀樹さん

若草台在住 84歳

6月6日

川本 泰之さん

6月1日、2日に行われる第43回横浜開港祭実行委員会の委員長を務める

川本 泰之さん

中区在住 35歳

5月23日

岩田 武司さん

4月1日に2024年度神奈川県弁護士会の会長に就任した

岩田 武司さん

中区山手町在住 57歳

5月16日

綱河 功さん

青葉土木事務所の所長に着任した

綱河 功さん

横須賀市在住 58歳

5月9日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「白内障や緑内障以外で60代以降に多い目の病気」 コラム【35】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    6月13日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook