戸塚区版 掲載号:2012年1月19日号
  • googleplus
  • LINE

交流施設「ふれあい広場よつば」を運営するNPO法人ワーカーズ・コレクティブ「たすけあい戸塚」理事 石川 昭子さん 戸塚町在住 51歳

故郷と思える地域づくりを

 ○…プロフィール資料には、肩書きがズラリと並ぶ。ふれあい青空市実行委員長、とつかハートプラン策定委員、くみんネットワークとつか理事、とつかアートプロジェクトコーディネーター…。区との連携がスムーズにいくなど、これらの活動の中で培った人脈が交流施設開所に役立った。「『あなたたち誰?』からのスタートだと、物事を進めるのは難しい。たすけあい戸塚の活動と個人の活動が、うまくクロスしました」。

 ○…生まれは佐賀県。結婚を機に横浜市へ転居したが、故郷の祖父に満足な介護ができなかった。帰省した際に手を握るくらい。「遠くの親戚より近くの他人にできることを」。16年前、子育てや高齢者の支援を行う同法人へ入会した。身振り手振りを交え話す快活さからは想像しがたいが、入会前は自分に自信がなかったという。結婚して子どもを産み、「〜ちゃんのお母さん」になった。お母さんじゃない「私」は?―。活動では、介護をすることで喜んでくれる人がいる。自分を実感できる。自信の種を、植えつけてくれた。

 ○…そんな様々な地域活動の支えとなっているのが、理解のある夫の存在だ。活動でつらいことがあり、愚痴をこぼした時、「お前が笑顔でいられるのなら(活動を)続けてほしい」と、決して口数の多くない夫が言ってくれたのが忘れられない。「もう愚痴を言うもんか」と思った。夫婦仲は円満で、今も毎日、メールなどで互いの好意を確かめ合っているという。

 ○…同法人は今まで、訪問型のサービスが主だったが、今回の事務所移転と交流施設開所に伴い、一般の人が利用しやすい窓口ができた。今後は地域の人が参加しやすいイベントを企画するなどして、迎え入れる形でのサービスの向上を図る。目指すのは、高齢者や子育て中の母親など、異世代が集まり、交流する場所。「子どもたちが戸塚を故郷と思えるように」。地域づくりは続く。
 

戸塚区版の人物風土記最新6件

平沼 芳彩さん

かながわシニア起業家ビジネスグランプリ2018で「ベストプラン賞」を受賞した

平沼 芳彩さん

2月15日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月8日号

尾上 陽子さん

設立20周年を迎える、戸塚区を拠点とする「NPO法人こどもの広場もみの木」で園長を務める

尾上 陽子さん

2月1日号

山本 千香さん

東日本大震災の被災地支援を続けている「ウクレレサポート協会」の代表を務める

山本 千香さん

1月25日号

石川 秋子さん

こども食堂に寄付するためのチャリティコンサートを30日に初開催する

石川 秋子さん

1月18日号

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

1月11日号

H30年度第1期教室参加者募集

初めてのフットサルなど新規教室を含めた全56教室を開催

http://www.yspc.or.jp/totsuka_sc_ysa/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

恒例の「健康まつり」

恒例の「健康まつり」

2月22日 戸塚町の施設で

2月22日~2月22日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク