戸塚区版 掲載号:2012年5月31日号
  • googleplus
  • LINE

6月15日にボランティアきっかけ講座で話す配食支援団体「はこべの会」の代表 高橋 志津江さん 名瀬町在住 73歳

志同じに、縁を結ぶ

 ○…毎週水曜日は、はこべの日。昼食用の弁当を毎回45食ほど作り、高齢者や家にとじこもりがちの人に届けて、安否確認活動も行う。今年で14年目。年末年始を除いて毎週欠かさず活動してきた。配達の時間になると、利用者が500円玉を握って玄関で待っていてくれる。遅い時は心配もしてくれる。「うれしい」と満面の笑みで手応えを語る。

 ○…14年前から今年3月ごろまで、名瀬地区社会福祉協議会に事務員、後に事務局長として在籍。事務員の時は、地域での見守り活動が必要だとよく話し合った。研修や福祉講座で勉強するうちに、その必要性を実感。やらなければと奮い立った。高齢者に対する接し方などの福祉講座を自ら企画し、協力してくれる仲間を募ったことがはこべの会の原点だ。「弁当は直接届けるからいい。『味はどうだった?』『おいしかった?』と自然と話の種になる。とてもいい交流ツール」と話す。

 ○…「できるって思っちゃう」。発足前の準備期間には、本当に配食サービスが実現できるのかと不安に思う仲間もいた。しかし、できる前提で動いた。活動や地域に生かせる研修や講座には、何でも積極的に参加。試食会までの手はずも率先して整えた。行動力が、仲間の不安意識を払拭していった。試食した名瀬町の町内会や老人会からも賛同を得られ、応援が活動を後押しした。

 ○…同会の仲間とは子どもが同じ学年でPTAの会合で出会った。「志を同じに縁を結ぶ」。今大事にしている言葉だ。気持ちが通じ合う、志が同じ仲間がいたからこそ、今の会はある。配食が終わった後の仲間との会食は格別。気軽に話しながら家庭の悩みも相談し合える。新たな「志縁」仲間と出会える可能性がある今講座。「同じように支援を考えている人はいるはず。自分たちでも活動できるんだと思ってもらえたら」と意気込む。笑顔からは充実感がにじみ出ていた。
 

戸塚区版の人物風土記最新6件

酒井 茂さん

中学校の美術教諭として働くかたわら油彩画の個展を開く

酒井 茂さん

3月15日号

前田 利昭さん

NPO法人化10周年を迎える「ふらっとステーション・ドリーム」の理事長

前田 利昭さん

3月8日号

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

戸塚公会堂で音楽イベント「UNITY」を初開催する音楽アーティストの

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

3月1日号

末岡 恵実さん

自身が手掛ける「手づくり絵本」を制作するための工房を立ち上げた

末岡 恵実さん

2月22日号

平沼 芳彩さん

かながわシニア起業家ビジネスグランプリ2018で「ベストプラン賞」を受賞した

平沼 芳彩さん

2月15日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月8日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

境木中吹奏楽部が演奏会

境木中吹奏楽部が演奏会

26日 鎌倉芸術館

3月26日~3月26日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク